ホーム > 組織情報一覧 > 企画県民部 > 企画県民部 地域創生局 地域創生課

ここから本文です。

更新日:2017年7月26日

企画県民部 地域創生局 地域創生課

業務内容

少子高齢化の進展や人口減少、東京一極集中の是正等の構造的な課題に対応し、将来にわたって活力ある地域社会を構築していくため、人口対策と地域の元気づくりを柱とする「地域創生」の取組を推進します。

問い合わせ先

〒650-8567

兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(2号館3階)

班名 電話番号 分掌事務 FAX・E-mail
(阪神・カムバック担当) 078-362-4373
  1. 課内の事務の総合調整に関すること
  2. ふるさと創生推進費の総合調整に関すること
  3. 阪神南県民センター・阪神北県民局のふるさと創生推進事業の策定支援に関すること
  4. 阪神地地域の地域創生事業(市町地域創生戦略含む)の調整に関すること
  5. 移住促進、カムバックひょうごセンターに関する総合調整に関すること
  6. 地域創生条例の推進に関すること
  7. 地域創生戦略の改定等に関すること
  8. 地域創生戦略的広報(ひょうご博覧会含む)の推進・調整に関すること
  9. 大学等との地域創生包括連携の締結に関すること
FAX:
078-362-3950

E-mail:

chiikisousei@pref.hyogo.lg.jp

(神戸・淡路担当) 078-362-4217
  1. 神戸県民センター・淡路県民局のふるさと創生推進事業の策定支援に関すること
  2. 神戸、淡路地域の地域創生事業(市町地域創生戦略含む)の調整に関すること
  3. 地域創生推進本部の少子対策部会に関すること
  4. 市町からの事業提案の取りまとめに関すること
 
(東播磨・北播磨担当) 078-362-4218
  1. 地域創生戦略アクション・プランの策定、地域創生戦略実施状況報告の策定に関すること
  2. 専門職大学の検討に関する総合調整に関すること
  3. 東播磨県民局・北播磨県民局のふるさと創生推進事業の策定支援に関すること
  4. 東播磨、北播磨地域の地域創生事業(市町地域創生戦略含む)の調整に関すること
  5. 地域創生推進本部、地域創生推進本部のしごと創出部会に関すること
  6. 民間企業からの提案等の取りまとめに関すること
  7. 地域経済分析システムの運用に関すること
 
(中播磨・西播磨担当) 078-362-4374
  1. 地域創生戦略会議の運営に関すること
  2. ネスタリゾートの振興・調整(グリーンピア三木跡地の管理運営)に関すること
  3. 中播磨県民センター、西播磨県民局のふるさと創生推進事業の策定支援に関すること
  4. 中播磨、西播磨地域の地域創生事業(市町地域創生戦略含む)の調整に関すること
  5. 地域創生推進本部の地域部会に関すること
  6. 県民局戦略の総合調整に関すること
 
(但馬・丹波担当) 078-362-4223
  1. 地方創生交付金に係る総合対応に関すること
  2. 但馬県民局、丹波県民局のふるさと創生推進事業の策定支援に関すること
  3. 但馬、丹波地域の地域創生事業(市町地域創生戦略含む)の調整に関すること
  4. 地域創生推進本部の地域活力向上部会に関すること
  5. 全国移住促進センター、全国移住ナビシステムの運用に関すること
  6. 地域づくり懇話会、さわやかトーク等に関すること
 

 

主要施策等

地域創生に向けた推進体制の構築

1地域創生戦略の推進

「兵庫県地域創生戦略(平成27~31年度)」に定める1.出生数22万人の確保、2.人口流入増加(流出抑制)数25,700人の確保、3.国を上回るGDP成長率の確保という2020年の目標達成に向けて、年次計画、事業毎のKPIを盛り込んだアクション・プランにより施策を着実に推進するとともに、PDCAによる進行管理を徹底し、全庁挙げた地域創生の取組を本格化させる。

2県・市町連携事業の推進

県・市町地域創生戦略を基本に、地方創生関係交付金事業など県・市町の事業連携を進め、若者の環流・定着をはじめとした社会増対策の強化を図る。

3総合的な移住対策の推進

関係部局、市町、移住に取り組むNPO等と連携しながら、カムバックひょうごセンター(東京・神戸)を中心に戦略的な情報発信と全国からの移住相談・受入を円滑に行うための体制整備を行い、本県へのUJIターン促進に取り組む。

4県内での定住・就職を促進する取組の推進

兵庫への定着・還流に向け、しごと・移住等に関する様々な支援施策や暮らしに関する情報等をワンストップで閲覧・検索できる特設ポータルサイトを開設するとともに、東京の「カムバックひょうごハローワーク」及び神戸の「ひょうご・しごと情報広場」に、それぞれ「既卒者相談センター」を設置し、県内企業への就職と移住の一体的なカウンセリング機能を強化する。

5ふるさと創生推進事業

県民局・県民センターが策定した地域創生戦略に基づく事業等を積極的に推進するため、ふるさと創生推進費による地域の実情に応じた施策を機動的に展開する。

6マスメディアの活用による『ひょうご五国の地域創生』の広報展開

首都圏等における兵庫の認知度向上を図るため、「ひょうご五国」の魅力について、他府県との差別化を図りつつ、訴求対象となる世代や地域に配慮し、効果的な広報を展開する。

7大学・企業との地域創生包括連携協定の推進

若者を中心とした県内定着・環流に向け、県内外の大学、企業との地域創生包括連携を進め、地域づくり人材の育成や出産・子育てを視野に入れたライフプランニング教育、新卒者・既卒者の県内企業への就業促進等、地域創生の実現に直結する施策展開を図る。

8国の地方創生関係交付金の活用

国の地方創生関係交付金を活用し、兵庫の多様な地域特性・ポテンシャルを活かした、兵庫らしい取組を推進する。

「兵庫県地域創生戦略」の推進

2060年のあるべき兵庫の姿を展望しつつ、まち・ひと・しごと創生に係る県の総合戦略として、人口対策と地域の元気づくりを柱とする当面5年間の目標・基本方針を定めた「兵庫県地域創生戦略(平成27~31年度)」を推進します。

事業等の紹介、関連するページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。