ホーム > 組織情報一覧 > 東播磨県民局地域振興室(ものづくり産業課・水辺地域づくり課)

ここから本文です。

更新日:2016年11月25日

東播磨県民局地域振興室(ものづくり産業課・水辺地域づくり課)

業務内容

ものづくり産業担当では、ものづくり産業の振興ほか、観光振興と交流の促進、商工会議所・商工会や中小企業協同組合の指導、企業誘致、雇用相談・就業支援、貸金業の指導監督・消費者金融相談、火薬類の取り締まり等の業務を行っています。

水辺地域づくり担当では、貴重な地域の財産である水辺を活かした東播磨ならではの地域づくりを目指し、「いなみ野ため池ミュージアム」等の事業を推進しています。

問い合わせ先

〒675-8566
加古川市加古川町寺家町天神木97-1

係名 分掌事務 電話番号 FAX・E-mail
ものづくり産業担当

地域産業の振興

079-421-9142 079-424-9977
hharichiiki@pref.hyogo.lg.jp
水辺地域づくり担当  ・「いなみ野ため池ミュージアム」の推進

・東播磨流域文化協議会活動の推進

079-421-9026

主要施策等

ものづくり産業担当 

 1.東播磨のものづくりの新展開と産業の活性化

(事業内容)

ものづくり産業の盛んな東播磨地域において、実験工房「ファブラボ」の設立を支援することにより、ものづくりの可能性を探るとともに、新たな販路拡大によるものづくり中小企業の一層の活性化を図るため、国際フロンティア産業メッセ等への出展支援を行います。また、東播磨ものづくり交流会の活動を支援し、先進取組事例の紹介や異業種間交流を行うことにより、地域内中小企業の活性化に向けた自主的な取り組みの契機とし、地域内企業の活性化を図ります。 

 

  • 実験工房「ファブラボ」による新たな「ものづくり」支援事業
  • 東播磨ものづくり企業の魅力発信事業
  • 東播磨ものづくり交流会の活動支援

 2.ふるさとの魅力とにぎわいづくり

東播磨地域の交流人口の増加を図るため、東播磨産業・ツーリズム振興協議会の活動支援を通じて東播磨の観光情報や物産のPR、地域活性化のためのイベントを支援します。また、子どもたちを対象とした「東はりまの魅力KIDs体験ツアー」や、外国人ツーリストの東播磨への誘客事業を実施します。

  • 外国人ツーリストの東播磨への誘客事業
  • 東播磨産業・ツーリズム振興協議会の活動支援
  • 東はりまの魅力KIDs体験ツアー
  • 地域活性化イベント支援事業

水辺地域づくり担当

1.「いなみ野ため池ミュージアム」の推進

里山、ため池、河川、海など「循環する水の路」に関わる地域、実践活動団体等のネットワーク化を推進するとともに、多くの人々の協働によるため池の安全管理や、資源の有効活用を促進し、「人」「もの」「情報」が循環する地域づくりのさらなる展開を図ります。

 (事業内容)

いなみ野ため池ミュージアムの推進

地形、歴史、文化、水系などにより4区域(明石大地ゾーン、加古川扇状地ゾーン、いなみ野台地ゾーン、里山・里池ゾーン)にゾーニングし、地域の特徴を活かした活動を展開するほか、地域課題に先導的に取り組むプロジェクトを推進しています。

  • 里と海の協働による豊かな海の再生プロジェクト
  • いなみ野竹採り物語(BAMBOOプロジェクト)
  • いなみ野パールプロジェクト

 

2.東播磨流域文化協議会活動の推進                       

上流域・下流域が一体となった地域づくりの促進に向けて、地域の自然や社会的資源を活かし、多様な事業を展開しています。

(事業内容)

(1)「ふるさとの“水の路”交流セミナー」の開催

住民や行政が一体となって加古川流域の歴史や文化を考え、身近な暮らしの中でのふるさとの再認識の場、また地域の交流の場として播磨国風土記編纂1300年をふまえた講演会等を「ふるさとの“水の路”交流 セミナー」として引き続き実施し、加古川流域の地域づくりのさらなる展開を図ります。

(2)南北交流事業、地域活性化事業による地域の交流・活性化の促進                    

 

事業等の紹介、関連するページ