ホーム > 組織情報一覧 > 農政環境部 > 農政環境部 環境管理局 水大気課 環境影響評価室

ここから本文です。

更新日:2018年4月25日

農政環境部 環境管理局 水大気課 環境影響評価室

業務内容

環境に著しい影響を及ぼすおそれのある開発事業を対象とした環境影響評価、自主的な環境保全対策を事業者に促す環境保全協定を推進しています。

また、大気汚染状況を常時監視し、光化学スモッグ広報を発令するほか、環境情報の総合的な管理、ホームページ「ひょうごの環境」の運営、事業所の自主的な化学物質管理の促進を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

神戸市中央区下山手通5丁目10番1号

班名

分掌事務

電話番号

FAX・E-mail

審査情報班

  1. 環境情報に係る企画・総合調整に関すること
  2. 環境情報総合システムに関すること
  3. 環境影響評価に関する条例・環境影響評価法に関すること
  4. 環境影響評価審査会に関すること
  5. 環境影響評価の審査に関すること
  6. 環境影響評価に関する事後監視調査に関すること
  7. 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律の施行に関すること
  8. 環境保全協定に関すること
  9. 公害防止計画に関すること
  10. ホームページ「ひょうごの環境」に係る環境情報の収集・提供に関すること
  11. 大気汚染状況の常時監視に関すること
  12. 大気汚染緊急時に係る大気汚染状況の周知・協力要請に関すること
  13. 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)の施行に関すること
  14. 化学物質の管理等に関する技術的助言・普及啓発に関すること
  15. 公害機動隊に関すること
  16. 中国の大気環境改善の国際協力に関すること

078-362-9086

FAX番号:

078-362-3914

E-mail:

kankyoeikyohyoka@pref.hyogo.lg.jp

主要施策等

  1. 環境影響評価の推進
    「環境影響評価法」及び「環境影響評価に関する条例」に基づき、大規模な開発整備事業の実施に際し適正な環境配慮がなされるよう、事業者が実施する環境影響評価を適切に審査します。
  2. 環境保全協定の推進(外部サイトへリンク)
    法・条例を補完し、個々の事業所の実態に即した環境保全対策を事業者に求めるため、阪神・播磨臨海地域の主要事業所と締結している環境保全協定に基づき、汚染物質排出の抑制、事前協議の実施、継続的な監視測定等の指導を行っています。
  3. ホームページ『ひょうごの環境』の運営
    リアルタイムの大気汚染情報や最新の環境情報をホームページ「ひょうごの環境」から県民に発信しています。
  4. 大気汚染常時監視事業(外部サイトへリンク)
    大気汚染防止法に基づき、地域を代表する地点に一般環境大気測定局、交通量の多い道路沿いに自動車排出ガス測定局を設置し大気汚染状況の常時監視を行うとともに、大気の汚染が著しくなり、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれがある場合は、緊急時の措置を講じます。
  5. 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)の施行(外部サイトへリンク)
    「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」に基づき、有害性のおそれのある様々な化学物質の環境への排出量などについて、国と連携して、事業者に届出を求め、集計等を行い公表することにより、事業者の自主的な化学物質の管理の改善を促進し、化学物質による環境保全上の支障の未然防止に努めています。

事業等の紹介、関連するページ

  1. 事業概要(H29年度版)(外部サイトへリンク)
  2. ひょうごの環境影響評価
  3. ひょうごの環境

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。