ホーム > 組織情報一覧 > 企画県民部 > 企画県民部 防災企画局 広域企画室

ここから本文です。

更新日:2017年4月25日

企画県民部 防災企画局 広域企画室

業務内容

関西広域連合の関西防災・減災プランや関西広域応援・受援実施要綱の運用など、広域防災に関する総合調整を行っています。

問い合わせ先

〒650-8567

神戸市中央区下山手通5-10-1兵庫県災害対策センター(1号館北側)

班名 分掌事務 電話番号 FAX・E-mail
広域企画班 1.関西防災・減災プラン及び関西広域応援・受援実施要綱に関すること
2.広域災害対応に関すること
3.広域応援訓練、合同研修に関すること
4.原子力災害対策に関すること
5.近畿府県防災・危機管理連絡会議に関すること
6.関西広域連合と事業者との間の協定等の運用に関すること
7.帰宅困難者支援対策に関すること
078-362-9806 FAX:
078-362-9839
E-mail:
koikikikaku@pref.hyogo.lg.jp

 

主要施策等

1.大規模広域災害を想定した広域対応の推進

大規模広域災害に対し、関西広域連合や構成団体がとるべき対応方針とその手順を定めた「関西防災・減災プラン」及び「関西広域応援・受援実施要綱」について、社会情勢の変化や関西広域応援訓練等で明らかになった課題を踏まえた見直しを図る。また東日本大震災や熊本地震における対応状況を踏まえ、災害時に被災自治体が行うべき被災者支援業務を体系的にまとめた「被災者支援業務対応マニュアル」の作成等を通じて広域連合の応援・受援体制の充実化を図る。

2.関西圏域における南海トラフ地震対策の充実・強化

南海トラフ地震を想定し、広域応援訓練(物資供給訓練)の実施やワークショップの開催等により、災害対応能力の向上を図る。

3.災害時の物資供給の円滑化の推進

民間事業者等との連携を強化するため「関西災害時物資供給協議会」を開催するとともに、広域物資拠点の運用手続きや運営方法等についてのマニュアル作成に取り組むなど、大規模広域災害発生時の緊急物資の円滑な供給体制の充実を図る。

4.原子力災害対策の推進

国の原子力災害対策指針を踏まえ、関西防災・減災プラン原子力災害対策編の見直しを図る。また、国、関係府県その他関係機関と連携し、原子力災害時の広域避難に向けた受入れ訓練を実施し、「原子力災害に係る広域避難ガイドライン」の実効性向上を図る。

5.総合的・体系的な研修による人材育成の推進

WEBを使った家屋被害認定業務研修プログラムの開発や、総合的・体系的な研修を行うことにより、構成団体の防災担当職員等の災害対応能力向上を図る。

事業等の紹介、関連するページ