ホーム > 2017年3月記者発表資料 > 人と防災未来センター 企画展「地震サイエンス2017~地震の観測・研究  最前線!~」の開催について

ここから本文です。

人と防災未来センター 企画展「地震サイエンス2017~地震の観測・研究  最前線!~」の開催について

2017年3月3日

担当部署名/企画県民部防災企画局防災企画課 外郭団体名等/人と防災未来センター  直通電話/078-262-5058

現在の科学では地震の規模や発生時期を正確に予測することは困難ですが、阪神・淡路大震災以降、地震の観測・研究は進歩を続けており、日々、地震現象への理解は深まっています。
また、様々な調査・分析・研究や情報ネットワーク構築などを通して、これを活用した新たな発見や成果は、広く私たちの防災情報へと応用されつつあります。
この企画展では、こうした地震現象を研究する科学の分野で、関係機関が現在どのようなことに取り組んでいるのかを地震観測計器を含めて具体的に紹介します。
来館者が、はじめて見るものや、はじめて知ることを通じて、地震観測・研究の最前線を知り、防災や減災の必要性を今一度考える契機とします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。