ホーム > 2017年9月記者発表資料 > 第一回「丹波栗(丹波くり)広域品評会」の開催

ここから本文です。

第一回「丹波栗(丹波くり)広域品評会」の開催

2017年9月5日

担当部署名/農政環境部農林水産局農産園芸課花き果樹班  直通電話/078-362-3449

丹波栗の品評会については、これまで兵庫県、京都府のそれぞれの丹波地域において開催されてきましたが、両府県の生産者の交流活動を通じて、今年度から兵庫県と京都府の丹波栗生産者が一堂に会する「丹波栗(丹波くり)広域品評会」を実施することとなりました。
そこで、大丹波地域(兵庫県、京都府6市1町)の生産者が栽培技術を競う初めての品評会を次のとおり開催することとし、品評会への参加(出品)を広く募集します。

1趣旨
兵庫県、京都府の丹波地域の栗生産者が互いの栗の品質を競い、優れた栗を生む生産栽培技術を研鑽することにより、よりいっそうの品質レベルの向上や丹波栗ブランドの発信を進める。

2開催概要
(1)開催日
平成29年10月6日(金曜日)
(2)開催場所
丹波市柏原住民センター
(3)主催
丹波栗(丹波くり)広域品評会実行委員会※
(4)当日スケジュール
12時00分~14時30分 出品物の審査(取材可)
14時30分~15時00分  全体賞表彰、展示 
(5)表彰(予定)
兵庫県知事賞、京都府知事賞及び近畿農政局長賞ほか
(6)出品予定点数
200点
(H28両府県品評会実績:兵庫県75点、京都府79点)
(7)その他
優秀品は10月11日から阪神百貨店梅田本店で開催する「丹波味覚フェア」など、両府県の「食」関連イベント等で展示・PR予定。
※丹波栗(丹波くり)広域品評会実行委員会
当品評会を開催するため、大丹波連携推進協議会の取組として、大丹波地域6市1町(篠山市、丹波市、亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市)の生産者を中心に平成29年3月22日に設立。会長は、河村修治氏(丹波市くり振興会)、本年度の事務局は丹波県民局が担当。

3出品の募集
品評会で審査する丹波栗の出品を募集します。
出品を希望する丹波地域の栗生産者は、生産組織等を通じて平成29年9月22日(金曜日)までに、丹波農業改良普及センターまで出品を申し込んでください。
※出品問合せ先:丹波農業改良普及センター
電話 0795-73-3806 FAX 0795-72-4063

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。