ホーム > 2017年11月記者発表資料 > 平成29年度兵庫県くり研究大会の開催

ここから本文です。

平成29年度兵庫県くり研究大会の開催

2017年11月2日

担当部署名/農政環境部農林水産局農産園芸課花き果樹班  直通電話/078-362-3449

くりの生産技術の向上と経営の安定化を図るため、県内のくり生産者が一堂に会し、情報交換や技術研鑽の場として「兵庫県くり研究大会」を開催します。

1 開催日時
平成29年11月8日(水曜日) 10時30分~15時30分

2 開催場所
大会会場
県立農林水産技術総合センター農業大学校体育館 (加西市常吉町荒田1256-4)
現地会場
同センター農業技術センター農産園芸部果樹試験ほ場

3 主催
兵庫県果樹研究会、兵庫県

4 テーマ
「力を紡ごう、兵庫のくりのブランド力アップへ!」

5 内容
(1)事例発表 
「『丹波と丹波栗』想い。あとにつづく者達のために」
株式会社ゆめの樹野上野 生産・営業部 中井 健 氏
(2)研究紹介 
「最近発生の多いくりの害虫とその防除技術」
県立農林水産技術総合センター企画調整・経営支援部 研究主幹 二井 清友 氏
(3)情報提供
「収入保険制度について」
兵庫県農政環境部農政企画局農林経済課 主査 永多 一樹 氏
(4)講演
「丹波のクリと日本のクリ、海外のクリ-クリの品種育成の現状と展望-」
農研機構果樹茶業研究部門 ナシ・クリ育種ユニット長 齋藤 寿広 氏
(5)現地視察
「省力・軽労化機械及び資材の実演展示」
「試験ほ場視察及び凍害対策実演」

6 参集範囲 
兵庫県果樹研究会会員、その他県内主要産地関係者等、市場関係者 等 約180名参加予定

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。