ホーム > 2018年3月記者発表資料 > 阪神高速からの寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います

ここから本文です。

阪神高速からの寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います

2018年3月1日

担当部署名/農政環境部環境創造局自然環境課自然環境保全班  直通電話/078-362-3389

 阪神高速道路株式会社及びグループ会社6社(以下「阪神高速グループ」という。)から、兵庫県に対して寄付の申し出がありましたので、下記のとおり寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います(報道関係者公開)。
 寄付金は(公財)ひょうご環境創造協会に設置する「生物多様性ひょうご基金」に受入れ、「尼崎の森中央緑地」における「生物多様性の森づくり」に取組む団体の活動支援に活用します。
 阪神高速グループは、今回初めて、生物多様性の保全活動団体への支援を目的に、当基金への寄付を行っていただきます。



1 日時
平成30年3月8日(木曜日) 10時15分~10時45分
 
2 場所
兵庫県庁2号館5階 会議室
 
3 出席者
(阪神高速)
阪神高速道路株式会社代表取締役社長 幸 和範(ゆき かずのり)様
執行役員 田中 稔(たなか みのる)様
環境景観室長 嶋津 巌(しまづ いわお)様
CSR推進室長 中見 大志(なかみ たいし)様
(兵庫県)
金澤副知事、公益財団法人ひょうご環境創造協会理事長、環境部長

4 内容
・ 阪神高速グループから副知事に寄付金(目録)を贈呈
・ 副知事から阪神高速グループに感謝状を贈呈
・ 意見交換

5 寄付金額
500,000円

6 寄付金の使途
「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト※」で「尼崎の森中央緑地」における「生物多様性の森づくり」に取組んでいる団体の活動支援に活用

7 添付資料
阪神高速道路株式会社記者発表資料

※ ひょうごの生物多様性保全プロジェクトとは…
 県内で行われている生物多様性の保全・再生活動の中から、公募により選定したモデルとなる代表的な活動。県ではプロジェクトに選定した活動を広くPRし、県民等の参画をさらに促進するとともに、企業連携のマッチングや企業等からの寄付金を財源とする活動資金の助成等の支援を行っている。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。