ホーム > 2018年4月記者発表資料 > 「078KOBE」における県政150周年関連事業の実施

ここから本文です。

「078KOBE」における県政150周年関連事業の実施

2018年4月11日

担当部署名/企画県民部地域創生局県政150周年記念事業課記念事業班  直通電話/362-4261

昨年、第1回を開催し、2日間で36,500人の参加者を集めた神戸発のクロスメディアイベント「078 KOBE」。
今年は、兵庫県政150周年を迎える節目の年でもあることから、県政150周年記念事業と078 KOBEがコラボして、以下のイベントを展開します。
1 「兵庫150年前、はじまりのストーリー~講談師、歴史家、女子アナが語る兵庫県」
(1)開催日時・場所
 平成30年4月28日(土曜日) 14時00分~16時00分
 デザイン・クリエイティブセンターKIITO 1階ホール
 (兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4)
(2)イベント概要・出演者
 今から150年前の兵庫県が誕生したときに遡り、知られざる歴史や150年の歴史が築いてきた兵庫の魅力を、世代も仕事も異なる3人の視点から語り合う。
 出演:旭堂南海さん(講談師)、田辺眞人さん(園田学園女子大学名誉教授、歴史家)、垂水千佳さん(元NHK神戸放送局キャスター、「新・兵庫史を歩く」等に出演)
(3)内容
○講談「神戸事件と伊藤博文」(旭堂南海さん)
 神戸開港と三宮事件、この解決後に県知事となり、出世街道を駆け上がる伊藤 について
○講演「神戸開港と兵庫県成立の関係」(田辺眞人さん)
 神戸開港と兵庫県設置の関係、なぜ伊藤が初代知事になったのか、段階的に拡 大した兵庫県とのその背景等について解説
○フリートーク「五国・兵庫の歴史と魅力」(上記の2人+垂水千佳さん)
 3人が、以下のようなテーマで知られざる兵庫の歴史や魅力を語り尽くす。
 ・兵庫県の成り立ちのユニークさ(五国から構成される都道府県は兵庫県だけ)
 ・五国の文化風土の違い(気質や食、歴史遺産等)
 ・兵庫・神戸を売り込んでいくためのアイデア
(4)参加方法等
 事前申込み不要、無料
(5)問い合わせ先
 兵庫県き書く県民部県政150周年記念事業室
 650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
 電話:078-362-4261 e-mail:hyogo150@pref.hyogo.lg.jp

2 「MILLENNIALS TALK SESSION ~未来のために、今考える「ビジネスプラン」」
(1)開催日時・場所
 平成30年4月28日(土曜日) 16時10分~18時10分
 デザイン・クリエイティブセンターKIITO 3階 301号室(予定)
 (兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4)
(2)イベント概要
人口減少の加速や革新的技術の社会への浸透など、社会の大きな変化に直面する2030年を見据えて、未来を担う大学生・大学院生が兵庫の地域課題を解決するビジネスプランを発表、来場者の皆さんと意見交換し、兵庫県の未来を展望します。
 (当日、4~5人程度のグループで事前に検討してきたビジネスプランを発表します)
 ビジネスプランのテーマ例:
 ・さらなる女性の活躍を引き出すためには
 ・インバウンドを地域の活性化につなげるためには
 ・人口減少社会において生活の豊かさを実現するためには
(3)参加方法等
 事前申込み不要、無料
(4)問い合わせ先
 兵庫県企画県民部ビジョン課
 650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
 電話:078-362-3056 e-mail:vision@pref.hyogo.lg.jp


[参考]078 KOBEについて
 開催日時 4月27日(金曜日)~29日(日曜日)の3日間
 開催場所 デザインクリエイティブセンターKIITO、神戸ポートオアシス、
 東遊園地、みなとの森公園、メリケンパーク、ハーバーランド
 高浜岸壁
 開催趣旨
 都市生活の面白さや心地よさを追求する市民・クリエイター・エンジニアが集い、交わることで作り上げる参加型フェスティバル。都市での「生活」を テーマに、都市で楽しむ「音楽」「映画」に加え、「IT」「食」等の各分野およびそれらの複合領域を対象とし、ライブ、カンファレンス、展示会などを組み合わせたイベントとして展開(参照:https://078kobe.jp/)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。