ホーム > 2018年6月記者発表資料 > 平成30年度ひょうごボランタリープラザ被災地「絆」ボランティアバスの実施(県立高等学校実施分)-高校生被災地支援プロジェクト-

ここから本文です。

平成30年度ひょうごボランタリープラザ被災地「絆」ボランティアバスの実施(県立高等学校実施分)-高校生被災地支援プロジェクト-

2018年6月7日

担当部署名/企画県民部県民生活局県民生活課 外郭団体名等/ひょうごボランタリープラザ  直通電話/078-360-8845

ひょうごボランタリープラザは、東日本大震災発災直後から、被災地支援ボランティアバス事業を実施し、高校生をはじめとするより多くの県民による現地でのボランティア活動を支援してきました。
今年度、東日本大震災の被災地及び熊本地震の被災地への継続的支援のため、県教育委員会と連携し、「高校生被災地支援プロジェクト」として、県立高等学校に参加を募ったところ、569人・34校(予定)の県立高校生等が、7月~3月にかけてプラザのボランティアバスで現地に赴き、仮設住宅等の被災者を励まし、交流し、被災地との絆を深めることとなりましたので、お知らせします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。