ホーム > 2018年7月記者発表資料 > 平成30年度第1回「労働問題研究会」の開催

ここから本文です。

平成30年度第1回「労働問題研究会」の開催

2018年7月12日

担当部署名/産業労働部政策労働局労政福祉課 外郭団体名等/(公財)兵庫県勤労福祉協会 ひょうご労働図書館  直通電話/078-367-3805

(公財)兵庫県勤労福祉協会では、ひょうご労働図書館の年間事業として、勤労者等をはじめ一般県民を対象に、労働問題の理解と知識向上を図ることを目的として、「労働問題研究会」を年間5回程度開催しています。
 このたび、本年度第1回を下記の通り開催することにしております。参加は無料です。
テーマに興味・関心のある方の参加をいただきたく、資料提供させていただきます。


1.と き 平成30年7月19日(木曜日)14時00分~16時00分

2.ところ 兵庫県中央労働センター 1階小ホール
 神戸市中央区下山手通6-3-28

3.テーマ 「AI時代の働き方と雇用・労働問題」
 講師 大内 伸哉氏(神戸大学大学院法学研究科教授)
 人口知能(AI)の進展が著しく、産業社会を中心に大きな変革が予想されています。今後消滅していく職種も多くあるとの予測もあり、雇用面に与えることは必至です。人口減少が進んでいく中で、社会の活力を維持していきながらの個々人の働き方や大きな変化に対応すべき労働法制・施策等について専門家から解説いただきます。

4.定 員 60名程度

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。