ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 高齢者消費者被害防止キャンペーンの実施

ここから本文です。

高齢者消費者被害防止キャンペーンの実施

2018年9月3日

担当部署名/企画県民部県民生活局消費生活課消費政策班  直通電話/078-362-3378

高齢者を狙う悪質商法等の手口は巧妙に変化し、高額な被害が相次いでいます。平成29年度、県及び県内市町消費生活センターには、70歳以上の高齢者からの相談が年間約9千件寄せられており、最近は、行政機関を装ったハガキによる架空請求や、水回りの修理トラブル、原野商法の二次被害などの悪質商法に巻き込まれています。
 兵庫県では、高齢者の消費者被害防止・拡大防止を図るため、高齢者保健福祉月間である9月を「高齢者消費者被害防止キャンペーン」月間とし、集中的な啓発活動を実施します。
高齢者の被害防止・早期発見には、高齢者ご本人に加え、家族や身近な方々に悪質商法の手口や相談窓口を知っていただくことが重要です。県・市町消費生活センター等によるセミナー・講演会、パネル展示などが実施されますので、ぜひご参加ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。