ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 平成30年7月豪雨観光支援事業(“観光で西日本を元気に!!「11府県ふっこう周遊割」”)の要件緩和

ここから本文です。

平成30年7月豪雨観光支援事業(“観光で西日本を元気に!!「11府県ふっこう周遊割」”)の要件緩和

2018年9月21日

担当部署名/産業労働部観光振興課ツーリズム政策班  直通電話/078-362-3838

兵庫県では、平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金を活用した観光支援事業「11府県ふっこう周遊割」については、8月31日の宿泊分から運用を開始したところです。
このたび、観光庁において、対象者要件の緩和、対象地域の拡大が決定されたことから、さらなる宿泊需要の喚起を図るため、下記の通り事業の要件緩和を実施します。

    記

1 内 容
 要件緩和により、以下の拡充を図ります。
 (1) 同一府県で2連泊以上する者を対象に追加
 (2) 県内以外の宿泊地に、四国との周遊窓口となる香川県、徳島県を追加

2 実施時期
 今般の要件緩和部分(県内2連泊以上、兵庫と香川・徳島での連泊)について
 は、10月1日の宿泊(9月21日以降の予約)から適用します。

3 その他
 事業の愛称を“観光で西日本を元気に!!「13府県ふっこう周遊割」”とし
 ます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。