ホーム > 2018年9月記者発表資料 > 平成30年度ひょうご防災リーダー講座開講式のお知らせ

ここから本文です。

平成30年度ひょうご防災リーダー講座開講式のお知らせ

2018年9月21日

担当部署名/企画県民部地方機関広域防災センター防災教育担当  直通電話/0794-87-2920

 兵庫県広域防災センターでは、平成30年度ひょうご防災リーダー講座の開講式を下記の日程で開講します。この度の、平成30年度「ひょうご防災リーダー講座」は、地域の防災力の向上のため、平成16年度にスタートし、これまでに2400名以上の方に修了いただきました。今回は、過去最高の215名を超える方に受講して頂くこととなりました。受講生が増えた背景には、阪神・淡路大震災から23年、東日本大震災から7年が経過しました。その記憶も覚めやらぬ中、平成26年4月には熊本県を中心とした大規模な地震が発生、その後も毎年のように風水害による甚大な被害が続出しております。今年に入り、6月から9月にかけては、大阪北部地震、西日本7月豪雨災害、台風21号そして、この9月には北海道胆振東部地震と立て続けに大きな災害が全国各地で多発し、甚大な被害が発生し、改めて自然災害の恐ろしさを強く感じているところです。災害はいつ、どのような形で起こるのか、事前に把握することは不可能です。我々はこうした被害の軽減を図るため、日頃から行政はもとより県民一人ひとりの防災への取り組みをより一層促進し、地域の防災力を高めていく必要があります。このような観点から、地域防災の担い手となる自主防災組織等のリーダーの育成を目的とした「平成30年度ひょうご防災リーダー講座」を9月23日(日曜日)から半年間にわたり、計12日間開講します。

   記

1  日 時: 平成30年9月23日(日曜日) 10時05分~15時30分
2  場 所: 広域防災センター 講堂・会議室1・2他
3  プログラム
(1)開講式(10時05分~10時15分)
(2)あいさつ 兵庫県広域防災センター長 
(3)第1時限(10時15分~11時35分)
1.テーマ 「国難と地域の災害に備える」
2.講師 関西大学理事・社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授
(チェアプロフェッサー)工学博士
阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長 河田 惠昭 氏
(4)第2時限~第3時限(12時30分~15時30分)
1.オリエンテーション2.班別討議(1.自己紹介、2.役割分担、3.テーマ討議等)
5 問い合わせ先 〒673-三木市志染町御坂1-19  兵庫県広域防災センター防災教育担当 田中
電話:0794-87-2920 FAX:0794-87-2925
6 参考 ※平成24度の応募者129名、平成25年度の応募者151名、平成26年度の応募者174名
 平成27年度の応募者190名、平成28年度の応募者184名 平成29年度の応募者154名
※平成30年度の応募状況
年齢別 0~9代1人 小学生1人 最年少9歳
10代8人 小学生1人、中学生3人 高校生3人 
 80代2人 最高齢83歳
男女別 男132人 女性83人(過去最高)
地域別 神戸市69人、宝塚市21人、明石市16人 三木市16人 三田市、小野市、姫路市13人
地域活動では、女性消防団関係者が2人

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。