ホーム > 2018年10月記者発表資料 > 「ひょうごの農地有効活用シンポジウム」の開催について

ここから本文です。

「ひょうごの農地有効活用シンポジウム」の開催について

2018年10月12日

担当部署名/農政環境部農政企画局農業経営課集落農業活性化班 外郭団体名等/公益社団法人兵庫みどり公社  直通電話/078-362-4035

 農地は農業生産の基盤であり、農村地域の重要な資源であることから、その機能が将来にわたって発揮されるよう、担い手への集積・集約化など農地の有効活用を推進し、農村地域全体の健全な維持発展につなげていくことが重要です。農地の有効活用に携わる関係者参集のもと、農地の有効活用をより一層推進すること目的として、下記のとおりシンポジウムを開催します。

1 日 時 平成30年11月16日(金曜日)13時30分~16時30分
2 場 所 たんば田園交響ホール(篠山市北新町41)
3 主 催 兵庫県、(公社)兵庫みどり公社、(一社)兵庫県農業会議
4 参 集 者 農業者、農地所有者、集落代表者、農業関係者団体、土地改良区、市町、農業委員会、JA等関係団体、国・県等関係機関等
5 定 員 800名(事前申込みが必要です・先着順)
6 内 容
(1)基調講演
 「食料・農業・農村の動向と農地の有効活用について」 
   農林水産省近畿農政局長 神山 修氏
(2)事例発表
 「人・農地プランを活用した農地の有効利用」
  篠山市農都政策課 担い手支援係係長 森本 良太氏
 「基盤整備事業と集落営農の法人化による農地集積の促進」
  新温泉町大庭土地改良区 理事長 中田 雄久氏 
 「地域農地管理事を契機としたふるさとの農地保全」
  南あわじ市福井活性化協議会 会長 田村 政雄氏
 「「農地を守り隊」で進める農業委員会活動」
加古川市農業委員会 農業委員 佐伯 眞究氏
7 参加申込み 別添チラシをご参照のうえ、ファクシミリ又はハガキにて兵庫みどり公社までお申し込みください。
8 申込み締切 平成30年11月5日(月曜日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。