ホーム > 2018年11月記者発表資料 > 「ひょうご女性未来会議」の開催及び「ひょうご女性未来・縹(はなだ)賞」受賞者の決定

ここから本文です。

「ひょうご女性未来会議」の開催及び「ひょうご女性未来・縹(はなだ)賞」受賞者の決定

2018年11月9日

担当部署名/企画県民部地方機関県立男女共同参画センター就業支援課  直通電話/078-360-8550

 「ひょうご女性未来会議」は、さまざまな分野で活躍する兵庫の女性たちが集い、互いにエンパワーメントしながらネットワークづくりや情報交換を行うことにより、男女共同参画社会の実現に寄与することを目的とし、取り組みを展開していますが、「ひょうご女性未来会議」例会・総会を、下記のとおり開催します。
 当日は、次世代を担う女性たちの活動を讃え、応援する「ひょうご女性未来・縹(はなだ)賞」の表彰式を行います。

   記

1 第35回ひょうご女性未来会議in西はりま(赤穂)

   テーマ 刻(とき)を駆ける 女匠たちの手仕事の流儀
 播磨には、その豊かな風土に育まれてきたきめ細かな手仕事における食と工芸が感性を持ってもって伝承されています。途絶えかけた古き良き伝統を復刻し、未来へつなぐ取り組みについてともに学び合います。

  日 時  平成30年11月25日(日曜日)13時00分~16時00分

  場 所  赤穂市民会館1階大会議室(赤穂市加里屋中洲3-55)
 
 プログラム  オープニング 赤穂ハーモニーヴァイオリンアンサンブル教室
 【第1部】総会、ひょうご女性未来・縹賞表彰式
  ○応援団あいさつ
  ○第16回ひょうご女性未来・縹賞表彰式
  縹賞受賞者に(株)神戸新聞社から副賞の記念品が贈呈されます。

 【第2部】ミニ講演、パネルディスカッション、リレートーク
  ○ミニ講演 『女性の視点を復興に!』 赤穂防災士の会会長 金井(かない) 貴子(たかこ)
  ○パネルディスカッション 『刻(とき)を駆ける 女匠たちの手仕事の流儀』
 パネリスト NPO法人赤穂緞通を伝承する会 花工房理事長 井関(いせき) 恭子(きょうこ)
 工房 あか穂の実り(古代米)主催  松田(まつだ) 靜(しずか)
 赤穂雲火焼作家 桃井ミュージアム代表  桃井(ももい) 香子(よしこ) 
 コーディネーター 金井 貴子
  ○リレートーク、マーケット、交流タイム、フィナーレ
 定 員 130名
 参加費 1,000円
 申 込 申込書をFAX、郵送又は電話でひょうご女性未来会議事務局(センター内)

2 第16回ひょうご女性未来・縹賞 受賞者及び功績 別添のとおり

3 お問い合わせ先 ひょうご女性未来会議事務局(兵庫県立男女共同参画センター内)
 〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー7階 
 TEL 078-360-8550 FAX 078-360-8558

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。