ホーム > 2018年12月記者発表資料 > 日本酒で乾杯!!「二十歳の山田錦物語」醸造体験の開催

ここから本文です。

日本酒で乾杯!!「二十歳の山田錦物語」醸造体験の開催

2018年12月6日

担当部署名/農政環境部農林水産局農産園芸課山口岳人  直通電話/078-362- 3494

 三木市吉川町では、明治から続く村米制度によって、酒蔵と農家が親戚づきあいを100年以上にわたり、続けています。その伝統を若い世代に知ってもらい、日本酒及び酒米への関心を高めるため、蔵元と若者が役割を担いながら、初めて飲む日本酒の原料である酒米を19歳時点で栽培、醸造する「二十歳の山田錦物語」イベントを実施しています。
 このたび、田植え、稲刈りに続いて醸造体験を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

   記

1 日 時 2018年12月16日(日曜日) 9時00分~17時00分 

2 場 所 日本盛株式会社 本社 (662-8521 西宮市用海町4番57号) 

3 主催者 「二十歳の山田錦物語」実行委員会
  (吉川町村米部会、JAみのり、三木市、兵庫県酒米振興会、兵庫県)

4 取組村米 西奥地区(吉川町)/日本盛株式会社

5 内 容
 9時00分~オリエンテーション(正門前集合)
 9時30分~ こしきへ米投入作業開始
 11時00分~ 蒸米放冷作業
 17時00分 解散

6 出席者 「二十歳の山田錦物語」参加者20名、日本盛株式会社
      実行委員会関係者 計40 名程度

7 今後の予定  2月17日「西奥集落で交流会」で試飲
3月9日・10日「山田錦まつり」で御披露目
※本取組は村米団体を変えて、次年度以降も継続発展させていくことになっています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。