ホーム > 2018年12月記者発表資料 > 豪雨にそなえよう!「総合治水の授業」の開催~子どもたちにも学んで欲しい 身近な総合治水の取組~

ここから本文です。

豪雨にそなえよう!「総合治水の授業」の開催~子どもたちにも学んで欲しい 身近な総合治水の取組~

2018年12月7日

担当部署名/県土整備部土木局総合治水課調整班  直通電話/078-362-9266

 兵庫県では、総合治水条例を制定し、市町や県民とともに「ながす」「ためる」「そなえる」を柱とした『総合治水』を推進しています。
 総合治水の推進を図るため、教師自らが授業を実施できる学習教材等の作成を進めており、この度、教材を活用した授業を宝塚市立末成小学校において、先行実施することとなりました。併せて、武庫川における総合治水の取組について出前講座で学習します。

   記

1 趣 旨 総合治水の概要や武庫川における総合治水の取組について学習し、どうやってまちを水害から守るのか、自分たちにできる取組を子どもたちに考えてもらう。
2 日 時
 平成30年12月10日(月曜日) 9時35分~10時20分[2時間目]
                      11日(火曜日)13時40分~14時25分[5時間目]
                      12日(水曜日)13時40分~14時25分[5時間目]
3 場 所 宝塚市立末成小学校(宝塚市末成町1-1)
4 対 象 小学4年生(58人)
5 内 容 1~2日目は教諭による総合治水の映像学習等を行い、3日目に県職員による出前講座を実施します。
(10日)大雨による災害の危険性を知り、総合治水の概要を学ぶ
(11日)災害に備えて、児童それぞれができる対策を考える
            総合治水普及啓発DVDを活用した映像学習
(12日)武庫川における総合治水の取組について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。