ホーム > 2019年9月記者発表資料 > 令和元年度兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練の実施

ここから本文です。

令和元年度兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練の実施

2019年9月9日

担当部署名/企画県民部災害対策課  直通電話/078-362-9810

1 目的
「津波防災の日・世界津波の日」である11月5日に、近い将来での発生が懸念される南海トラフ地震に備え、津波浸水想定区域内における避難に特化した訓練を継続的に実施し、県
民等の防災意識のさらなる高揚や地域防災力の向上を図ります。
2 訓練開始日時
令和元年11月5日(火曜日)10時00分
3 実施場所
県内南海トラフ地震津波浸水想定区域<14市1町>(14市1町:神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、明石市、加古川市、高砂市、播磨町、姫路市、相生市、たつの市、赤穂市、洲本市、淡路市、南あわじ市)
4 主催
兵庫県、14市1町
5 参加機関・団体
兵庫県、14市1町、幼稚園・小中高等学校、福祉施設、企業、自主防災組織 等
6 訓練想定災害
南海トラフ地震
7 対象人数
約37万人(津波浸水想定区域内の昼間帯人口)
8 訓練内容
国が配信(11月5日10時00分頃)するJアラートに連動して、「ひょうご防災アプリ」及び緊急速報メール(エリアメール)から配信される情報を契機として、関係市町と連携を取りな
がら、特に、平日の昼間における学校、福祉施設、企業等での津波からの避難行動を重視した、具体的な行動を伴った訓練を行います。
○ シェイクアウト訓練
○ 津波避難・安否確認訓練
○ 防潮門扉閉鎖訓練 他

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。