ホーム > 2019年9月記者発表資料 > 敬老の日企画「ドローン文通」の開催

ここから本文です。

敬老の日企画「ドローン文通」の開催

2019年9月10日

担当部署名/企業庁地域整備振興課公園都市・臨海計画班  直通電話/078-362-3698

 兵庫県では、ドローンによる新たなサービスの創出に向け、播磨科学公園都市を実証フィールドに、昨年6月からドローン事業者等が参画する勉強会を開催しています。
 勉強会を通じて形成されたドローン技術者等によるコミュニティでは、1.商品搬送、2.サッカー場利用者への映像提供サービス、3.ドローンを使ったゲーム考案、をテーマとして技術実証等に取り組むことにしています。
 その一環として、ドローン文通を実施します。「商品を運ぶ」の技術実証では重量が着目されがちですが、自動操縦を視野においた課題抽出と解決策を探る共同実証の第一歩です。
 この企画に協力してくれるのは、ドローンを使った遊びやゲームの考案をこの夏休みに体験したこの地域のこどもたちとその家族です。会場では、こどもたちと技術者のコラボで生まれた遊びのひとつ「ドロ迷路」を、こどもたちが空き時間につくって遊ぶ計画です。

1 開催日時 令和元年9月16日(月・祝) 14時~16時
2 開催場所 兵庫県西播磨県民局付近
 ※ 開催場所、タイムスケジュール等の詳細は添付ファイル参照
 ※ 雨天の場合は、光都プラザ・オプトピア付近に会場を変更
3 参加者 夏休みの催しに参加した光都在住のこどもたちとそのご家族などの2グループ
4 内容
 光都のこどもたちと祖父母などその家族がドローンを使って質問形式で文通。
 西播磨県民局を挟んで、上郡町とたつの市の境を越える形で、ドローンを使ってメッセージを送り届ける。
5 共同実証者(予定)
 RED DOT DRONE(レッドドットドローン、シンガポール) 三浦望氏、平川彰氏
 Abendrot(アーベントロート、加古川市) 藤城達也氏
 株式会社旭テクノロジー(姫路市) 濱元光亮氏、梅田泰代氏
6 進 行 役
 橋本 昌子氏(アナウンサー)
 中脇 健児氏(場とコトLAB)
7 協 力
 段ボール提供 コープこうべ(コ―プミニ)、播磨光都ファミリーマート
 喫茶出店 栗町まんまる農園(ママさん有機農家による喫茶サービス)
 空間・設備提供 播磨高原東小学校(音響設備)、西播磨県民局(空間等)
8 問い合わせ先
 兵庫県企業庁地域整備振興課 担当:松本、江本 電話(直通)078-362-3698
9 参 考
 地域の方、技術実証にご興味のある方、見学は自由です。各自暑さ対策をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。