ホーム > 2019年9月記者発表資料 > 大鳴門橋桁下空間への自転車道設置に係る風洞試験の結果

ここから本文です。

大鳴門橋桁下空間への自転車道設置に係る風洞試験の結果

2019年9月25日

担当部署名/県土整備部土木局道路企画課高速道路推進室事業推進班  直通電話/078-362-9256

1 目 的
 徳島県と連携し,大鳴門橋桁下空間に自転車道(幅員4m)を設置した場合における大鳴門橋への影響を確認する。
2 検討結果
 構造解析、風洞試験及び数値解析により、耐風安定性が確保されることを確認した。
3 内 容
 (1)構造解析:自転車道設置による重量の増加が大鳴門橋に影響を与えないことを確認
 (2)風洞試験:自転車道を設置した場合の暴風時におけるデータを把握
 (3)数値解析:風洞試験で得られたデータを基に大鳴門橋全体の耐風安定性が確保されることを確認
4 期 間
 平成30年5月から令和元年9月
5 今後の予定
 実現に向け、大鳴門橋全体の自転車道の配置計画、構造設計等に取り組んでいく。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。