ホーム > 2020年2月記者発表資料 > 【地方自治体として全国初!】ドローンを用いたレベル3飛行による森林資源量調査の実施

ここから本文です。

【地方自治体として全国初!】ドローンを用いたレベル3飛行による森林資源量調査の実施

2020年2月19日

担当部署名/産業労働部産業振興局新産業課情報・産学連携振興班  直通電話/078-362-3054

兵庫県は神戸市と連携して、災害時の避難誘導や台風等による沿岸部の被害調査等、多様な分野でのドローンの有効性を検証する「ドローン先行的利活用事業」を進めています。
この度、地方自治体として全国初となる、レベル3飛行(無人地帯での補助者なし目視外飛行)による森林資源量調査を2月26日(水曜日)に実施します。
本件では、兵庫県庁(神戸市)から約70km離れた宍粟市のドローンを遠隔操作し、同市の森林を高精細カメラを用いて空撮します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。