ホーム > 2021年5月記者発表資料 > 農業者向け農福連携研修会の開催

ここから本文です。

農業者向け農福連携研修会の開催

2021年5月25日

担当部署名/農政環境部農政企画局総合農政課農林水産政策班 外郭団体名等/(公社)ひょうご農林機構  直通電話/078-362-9193

 農福連携とは、障害者等の農業分野での活躍を通じて、自信や生きがいを創出し、社会参画を促す取組であり、「農業における労働力確保」及び「障害者等の就労先確保」といった農業・福祉双方の課題解決と利益(メリット)につながるWin-Winの取組です。
 このたび、農業現場への障害者受け入れに係る具体的な注意点等を学ぶことにより、農福連携に対する農業経営者の理解促進と取組拡大の向上を図るため、下記のとおり農業経営者向け農福連携研修会を開催します。

1 趣旨
 農業従事者の高齢化や担い手確保の課題がある一方、福祉の現場では、障害者が働くことができる場の拡大が求められています。このような状況の中、障害福祉事業所に農作業を委託し、障害者の適性に応じた労働力を積極的に活用するなど、農福連携の動きが見られますが、広く認知されるに至っていません。そこで、農福連携のメリットや、農業現場における障害者受け入れに係る具体的な注意点等を学ぶことにより、農福連携に対する農業者の理解促進と取組拡大の向上を図ります。

2 主催 
 兵庫県、公益社団法人ひょうご農林機構

3 後援 
 近畿農政局、(株)サンテレビジョン、(株)神戸新聞社、JA全農兵庫、JA兵庫中央会、 JA兵庫信連、兵庫県生活協同組合連合会、兵庫県農業経営士会、兵庫県女性農漁業士会、兵庫県農業法人協会 、兵庫県稲作経営者会議、「農」イノベーションひょうご推進協議会

4 協力 
 特定非営利活動法人兵庫セルプセンター、社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団

5 日時 
 令和3年7月8日(木曜日)、7月20日(火曜日)各日10~16時

6 場所 
 兵庫楽農生活センター学校管理棟A研修室及び野菜収穫体験ほ場(神戸市西区神出町小束野30-17、TEL:078-965-2651)

7 定員 
 30名(農福連携を検討中の農業経営者の方、全2回参加できる方を優先)
 会場の収容人数に限りがありますので、定員に達した場合は参加いただけない場合があります。その場合は、事務局よりご連絡させていただきます。

8 参集範囲
 農業経営者、農協・農業団体職員、市町職員、農業高校教諭等

9 受講料 
 無料

10 申込方法 
 別添チラシ裏面の参加申込書にて、(公社)ひょうご農林機構地域づくり課まで、FAX(078-361-8128)又は電子メール(furusatomura@forest-hyogo.jp)によりお申し込みください。[締切日:6月24日(木曜日)]