ホーム > 2021年5月記者発表資料 > 令和3年度コロナ離職者向け就労支援プログラム事業企画提案コンペ参加者募集

ここから本文です。

令和3年度コロナ離職者向け就労支援プログラム事業企画提案コンペ参加者募集

2021年5月26日

担当部署名/産業労働部政策労働局労政福祉課雇用就業室雇用推進班  直通電話/078-362-3227

 新型コロナの影響による解雇や雇い止め等で離職を余儀なくされた方や、内定取り消し等により就労機会を失った方、もしくは新型コロナの影響で就労が困難になっている方(以下、「コロナ関係失業者等」という)の就職活動を支援するため、対象者を1ヶ月間雇用(人件費は県負担)した上で、就職先を確保することを目的とするコロナ離職者向け就労支援プログラム事業を実施します。
 ついては、企画提案コンペを実施することとし、受託希望事業者を募集します。

1 募集内容
○事業名
令和3年度コロナ離職者向け就労支援プログラム事業
○対象者 対象
県内企業への就職を希望しているコロナ関係失業者等
○人数
1社当たり35名以上
○募集規模
2社
○限度額
1社当たりの提案金額の上限は、17,686千円(税込)
○事業期間
契約締結の日から、令和4年3月31日(最長)まで
○事業要件
(1) 兵庫県内において、コロナ関係失業者等を雇い入れ、マッチングを行う業界等の知識・技能やOA実務などの基礎的な研修(OFF-JT)を、自らかその他の教育機関において実施すること。
(2) 職場体験先企業等を確保して新規雇用者を兵庫県内の企業等に派遣し、職場体験(OJT)を実施すること。
(3) 新規雇用に際しては、必ず公共職業安定所へ求人すること。
(4) 新規雇用に際しては、履歴書、職務経歴書、その他コロナ関係失業者等であることを証明できるものいずれかにより、コロナ関係失業者等であることを確認すること。提出書類で確認できない場合は、自己申告書の提出を求めること。いずれの場合も、採用面接時に状況の聞き取りを行うこと。
(5) 雇用期間終了後の就職支援を行い、可能な限り次の雇用につなげること。
○特に提案を募集する項目
(1) 参加者の確保
 ・事業広報 ・ネットワークの活用 等
(2) 事業実施計画
 ・事業スケジュール
 ・事業期間内で、数期に分けて実施すること
(3) 研修内容、就職活動支援
 ・研修の内容
 ・就職活動支援の体制(データベース、ネットワーク活用) 等
(4) 参加者と企業のマッチング、定着支援手法
 ・企業開拓 ・適性分析の手法 ・定着支援の体制 等
○事業費の要件
事業費の要件は以下のとおり
○限度額
1社当たり17,686千円(消費税及び地方消費税を含む)
(1) 新規雇用者人件費(賃金:1ヶ月150,000円、通勤手当、労働保険料)
(2) 就職インセンティブ料(就職に結びつけた1人当たり3万円(税別))
(3) その他経費(事業運営従業員人件費、事務機器リース料、事務所経費、旅費等)
 ※上限:8,050,000円(税別)(230,000円×35名相当)

2 応募期間
 令和3年5月26日(水曜日)~令和3年6月9日(水曜日)まで【必着】
 (受付時間 土・日・祝日をのぞく9時00分~12時00分及び13時00分~17時00分)

3 提出方法
 所定の様式を郵送(書留に限る。応募期間内必着。)又は持参(受付時間内に限る。)により、正本1部、副本8部を提出のこと。
 様式は、県HPからダウンロード可能です。