ホーム > 2021年5月記者発表資料 > 兵庫楽農生活センター第18期就農コース受講生の募集

ここから本文です。

兵庫楽農生活センター第18期就農コース受講生の募集

2021年5月27日

担当部署名/農政環境部農政企画局総合農政課:楽農生活室楽農生活班 外郭団体名等/(公社)ひょうご農林機構 兵庫楽農生活センター  直通電話/078-965-2047

 公益社団法人ひょうご農林機構では、県民誰もが「農」を学び、体験し、実践することができる拠点として、「兵庫楽農生活センター(神戸市西区)」の運営を行っています。
このたび、新たに本格的な農業経営をめざす人を対象に、総合的な農業知識や栽培技術を習得するための1年間の実践的な研修「第18期就農コース」の受講生を募集します。

(1)研修の概要
○目的 
 栽培から農業経営まで就農に必要な総合的知識と技術を習得する
○対象者 
 新たに農業経営を目指す人
○研修期間  
 1年間(令和3年8月10日(火曜日)~令和4年8月30日(火曜日)予定)
○研修日 
 週5日以上(9時00分~17時00分) 販売する野菜の管理のためほぼ毎日来校が必要
○研修内容 
 講義:就農に必要な総合的知識の講義(約70回)
 実習:農場(露地)約300平方メートルとビニールハウス約250平方メートルを利用した野菜の栽培・販売
○受講料  
 150,000円/年(消費税込)
 [研修中の野菜栽培にかかる生産資材費等(種苗、肥料、農薬、諸材料、電力・灯油等)が別途必要となります(30万円~100万円程度)。]
○指導員  
 楽農学校指導員(県職員OB、JA職員OB等)、外部講師
○その他支援措置 
 就農のための相談及び支援、農業次世代人材投資資金等の就農支援制度活用の指導

(2)研修場所
 兵庫楽農生活センター(神戸市西区神出町小束野30-17)
 JR明石駅から神姫バス三木・社行き、または地下鉄西神中央駅から神姫バス三木行きに乗車、「老ノ口」で下車、徒歩15分

(3)募集人員
 25人(兵庫県内で就農を希望する方を優先)
 いちご高設栽培コース4名 果菜類周年栽培コース8名、無加温施設栽培コース8名 有機栽培コース5名

(4)募集期間
 令和3年5月21日(金曜日)~6月21日(月曜日)(必着)

(5)選考方法
 応募者の人数等に関わらず、書類選考及び個別面接を行い、その結果に基づき受講生を決定します(面接予定日は7月5日(月曜日)、6日(火曜日))。

(6)申込み・問い合わせ 
 受講申込書、履歴書に必要事項を記載のうえ、下記まで郵送又は持参ください。

〒651-2304 神戸市西区神出町小束野30-17
(公社)ひょうご農林機構 兵庫楽農生活センター 楽農学校課(担当:栁澤)

 電話:078-965-2047(水曜日は休園日)

※上記にお問い合わせいただくと、講座内容説明資料、申込用紙を送付いたします。
 また、ホームページにも掲載しています。https://hyogo-rakunou.com/