ホーム > 2021年9月記者発表資料 > 第27回県民意識調査の実施「コロナ禍とその後の社会の展望」

ここから本文です。

第27回県民意識調査の実施「コロナ禍とその後の社会の展望」

2021年9月2日

担当部署名/企画県民部秘書広報室広聴課広聴相談班  直通電話/078-362-3021(内2076)

 県民の価値観や行動指向、県政へのニーズなどを捉え、施策立案、施策運営に活用するため年1回「県民意識調査」を実施しています。
新型コロナ感染症の拡大により、医療現場や経済活動への影響だけでなく、日常生活全般等多方面に様々な変化が生じ、今後も、新しい生活様式の浸透による地方への移住や新しいデジタル技術の普及等により大きな変化が予想されることから、今回はテーマを「コロナ禍とその後の社会の展望」とし、これらに対する県民の意識や取組状況、どのような施策等を求めているかなど調査を行い、コロナ禍後の社会に対応した施策の検討に活用します。

1 調査対象
県内各地域から無作為に抽出した18歳以上の男女5,000人

2 調査方法
郵送法(調査対象者に調査票を郵送し、回答を返送いただく)

3 設問構成
年次テーマ項目(21問)と毎年調査項目(8問)で構成
(1) 年次テーマ項目
1 日常生活、社会生活の変化
2 仕事、働き方の変化
3 暮らしや社会のあり方
4 今後の期待する施策

(2) 毎年調査項目(経年変化を把握するため、例年同一の設問を設定)
1 暮らしの意識 「現在の生活の満足度」「昨年と比べた生活の向上感」「大地震発生のおそれ」「地域活動への参加実績」
2 県政への意識 「県政への関心度」「県政への分野別評価」「県民局の認知度」 

4 実施スケジュール
(1) 9月3日(金曜日) 調査対象者への調査票送付
(2) 9月27日(月曜日) 回答返信締め切り
(3) 12月下旬 集計・分析
(4) 1月 調査結果報告

(参考) 過去の調査結果(兵庫県ホームページ「県民意識調査」)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/ac20/kocho.html