ホーム > 2021年9月記者発表資料 > ひょうご棚田シンポジウムの開催

ここから本文です。

ひょうご棚田シンポジウムの開催

2021年9月22日

担当部署名/農政環境部農政企画局総合農政課楽農生活室楽農生活班  直通電話/078-362-9198(内3949)

 「棚田」と聞くと、階段状に広がる田園風景を思い浮かべますが、棚田はお米を生産する場にとどまらず、国土や環境の保全、農村の美しい原風景の形成など多様な役割を果たしています。
 しかし、棚田での生産活動は作業効率から考えると決して有利とは言えず、さまざまな問題を抱えています。
 そこで、棚田地域の価値と現状を学び、その再生のために今私たちができることを考えるシンポジウムを開催します(オンライン配信あり)。


1 日 時
 令和3年10月23日(土曜日) 13時00分~15時30分

2 場 所
 リフレッシュパーク市川(神崎郡市川町下牛尾2557-1)

3 内 容
 (1) 報告 13時10分~13時30分
 「市川町上牛尾地区の棚田保全活動について」
  報告者
     永菅 裕一 氏(NPO法人棚田LOVER's 理事長)
  コメンテーター
 ・大久保 徹 氏(株式会社 ポプラ社)
 ・浅井 智子 氏(自然育児 森のわらべ多治見園 園長)

 (2) 基調講演 13時30分~14時10分
  「棚田の社会的価値とその継承に関する課題」
   講師
      安井 一臣 氏(棚田学会理事)

 (3) パネルディスカッション 14時10分~15時25分
  「棚田・里山再生のために今私たちができること」
  コーディネーター
     中澤 朋代 氏(松本大学 総合経営学部 准教授)
  パネリスト
 ・中里 良一 氏(一般財団法人日本グラウンドワーク協会 理事長)
 ・谷垣 忠之 氏(宮垣棚田振興協議会 会長)
 ・濱田 将司 氏(NPO法人明日香の未来を創る会 理事)
 ・安井 一臣 氏(棚田学会理事)

4 参加方法
 HPまたはチラシQRコードより事前申し込みの上、ご参加下さい(締切:10月21日(木曜日))。
 ※現地参加、オンライン参加を選択いただけます。

5.その他
 詳細はHP( http://web.pref.hyogo.lg.jp/nk03/tanadashinpo2021.html )をご覧ください。

6.問い合わせ
 兵庫県農政環境部楽農生活室楽農生活班
 〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
 電話(代表) 078-341-7711(内線3949) 
 メール rakuno@pref.hyogo.lg.jp