ホーム > 2021年9月記者発表資料 > 猪名川河川上空での距離12kmのドローン輸送実証実験

ここから本文です。

猪名川河川上空での距離12kmのドローン輸送実証実験

2021年9月22日

担当部署名/企画県民部地域創生局地域振興グループ地域交流担当  直通電話/078-362-4032(内4743)

 兵庫県地域創生戦略における多自然地域一日生活圏維持プロジェクトでは、兵庫県と大阪市立大学 都市防災教育研究センター(CERD)、ドローン関連企業、地元市町とが連携して、ドローン輸送の実証実験に取り組んでいます。
 今年3月に実施した猪名川河川上空での2地点間(約2km)往復の輸送実験の結果を踏まえ、今回、約12kmと距離を延伸するとともに、南部の町役場から北部の杉生診療所へ医薬品を運ぶミッションを設定して実証実験を実施します。

1 ドローン輸送実証実験調査
(1) 日 時 
 令和3年10月1日(金曜日)13時00分-14時00分 
 ※天候によっては時間変更又は延期する可能性があります

(2) 飛行ルート 
 以下2地点間(約12km) 猪名川の河川上空での往復
 1 猪名川町役場 駐車場(猪名川町上野字北畑11-1)
 2 杉生診療所 駐車場(猪名川町鎌倉横大道10-1)
 ・詳細は、別紙「飛行計画・飛行ルート」を参照
 ・発着の各地点に設置する大型モニタにて、飛行中のドローンの位置情報やドローン搭載カメラの映像を確認できます

(3) 設定ミッション 
  1 往路 
   地震による受傷者が杉生診療所へ搬送される。緊急輸血が必要となるが、基幹道路がマヒ状態のため、ドローンにより輸血用血液を配送する。
  2 復路 
   受傷者の緊急入院が必要となる。地震被害に伴う電話回線の不通のため、ドローンにより受傷者の救急搬送依頼と患者情報を配送する。

(4) 主 催 
  日本コンピューターネット株式会社
  大阪市立大学(都市防災教育研究センター(CERD))
  兵庫県(企画県民部地域創生局)

(5) 協力 
  猪名川町 医療法人晴風園 今井病院
 ドローン・テクノサポート株式会社 エアロセンス株式会社

(6) その他 
 本実証実験は、一般財団法人環境優良車普及機構の補助事業「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」の採択を受けています。


2 今後の予定
(1) 10月下旬 猪名川町立大島小学校でのドローン・プログラミング授業

(2) 11月下旬  令和3年度第2回実証実験(飛行距離を延伸予定)


3 令和2年度(前年度)の取り組み
(1) 猪名川町でのドローン輸送実証実験 
実 施 日 
 令和3年3月10日
実施内容 
 以下の2地点間(約2km)往復の猪名川の河川上空での輸送
 1  猪名川町環境交流館(駐車場)
 2  猪名川町立大島小学校(校庭)

(2) 宍粟市でのドローン輸送実証実験
実 施 日 
 令和3年3月18日
実施内容 
 以下の3地点間(約2km)を結ぶ引原川の河川上空での輸送 
 1 波賀総合スポーツ公園 
 2 宍粟市立波賀小学校
 3  宍粟市立波賀中学校
※詳細は、県ホームページに掲載
http://web.pref.hyogo.lg.jp/kk08/tashizen-drone.html