ホーム > 2021年9月記者発表資料 > 小学生による「梨の収穫」体験学習の実施

ここから本文です。

小学生による「梨の収穫」体験学習の実施

2021年9月28日

担当部署名/農政環境部地方機関県立農林水産技術総合センター北部農業技術センター  直通電話/079-674-1230

1 趣旨
 県が進めている「開かれた試験研究機関」の一環として、地元小学生を対象に梨の収穫体験学習を行います。但馬地域の特産果樹である梨の収穫を体験し、農業への関心と理解を深めることを目的としています。

2 実施日時等
(1) 日 時
  令和3年10月27日(水曜日) 9時30分~
  ※雨天時は28日(木曜日)に延期
(2) 参加者
  朝来市立竹田小学校 4年生 20名
(3) 場 所
  県立農林水産技術総合センター北部農業技術センター果樹園
  〒669-5254 朝来市和田山町安井123
  電話 (079)674-1230(代表)
(4) 日 程 
  9時30分 集合 所長あいさつ 児童あいさつ
  9時45分 収穫方法の説明と収穫体験
  10時35分 「梨の誕生と品種」についてのお話し
  10時50分 品種(所内で栽培している数品種)の紹介
  11時20分 児童あいさつ
  11時30分 解散

3 その他
(1)収穫する梨の品種は、児童が本年6月21日に袋かけ体験をした「新興(しんこう)」(赤梨の晩生種、10月中旬から採れる、平均果重は約500グラム)です。
(2)新型コロナウイルス感染拡大防止に留意したうえで開催します。また、新型コロナウイルスの状況あるいは天候によっては、日程の変更あるいは中止する場合があります。