ホーム > 2021年5月記者発表資料 > ひょうご木製品マイスター制度の創設

ここから本文です。

ひょうご木製品マイスター制度の創設

2021年5月17日

担当部署名/農政環境部農林水産局林務課  直通電話/078-362-9224

県産木製品の販売等を通じて、木の良さや木材利用の意義を広く県民に伝える活動意欲のある事業者を「ひょうご木製品マイスター」(以下、「マイスター」という。)として県が登録し、身近な暮らしの中での県産木材の利用促進につなげます。

1マイスターとは「木の良さを伝える伝道師」

2マイスターの活動
(1)SNSや店頭での語りべによる情報発信
(2)住宅展示場や「ひょうご木の匠」登録工務店等での県産木製品の家具や建具等の展示・PR
(3)農林漁業祭、ひょうご森のまつり等のイベントでの木と触れ合う木育ブースの設置や県産木製品の玩具・日用品等の展示・PR
(4)魅力ある県産木製品の開発
3 登録のメリット
  マイスターの県産木製品や普及活動を県のインスタグラムやホームページ、活用事例集等に掲載するなど、広く県民や教育機関、百貨店等に紹介します。
4 登録事業者の募集期間
  令和3年5月31日(月曜日)~9月30日(木曜日)※毎年度募集
5 応募方法
  下記URL、又はQRコード(PDF資料に記載)から申請書類をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、下記まで郵送にてご提出ください。

URL: https://web.pref.hyogo.lg.jp/nk14/meister.html ※5月31日(月曜日)から受付