ホーム > しごと・産業 > 総合政策 > 兵庫経済動向 > 兵庫県の経済・雇用情勢

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

兵庫県の経済・雇用情勢

県内景気の動向を、需要、生産、雇用等の各種統計データから判断し、毎月初めに発表します。

兵庫県の経済・雇用情勢(平成29年5月)

本県の経済・雇用情勢は、一部に改善の遅れもみられるが、基調としては緩やかに持ち直している。

景況等…
企業の業況判断は、足元は改善したが、先行きは悪化すると見込んでいる。

需要…
個人消費は、横ばい傾向にある。輸出は、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、持ち直している。

生産…
生産活動は、緩やかな持ち直しの動きが見られる。

雇用…
雇用情勢は、改善している。

金融…
倒産件数は、おおむね前年を下回って推移している。

1.主要指標の推移
(1)景況(県内DI指数)
(2)需要(百貨店・スーパー販売額、乗用車販売台数、新設住宅着工数、神戸港輸出額、設備投資計画)
(3)企業活動(鉱工業生産指数(H22=100))
(4)雇用(有効求人倍率(季節調整値)、新規求人数(原数値))
(5)金融(企業倒産件数、企業倒産負債総額)
2.県内の主要業種の概況
3.地域の概況(県民センター・県民局管内)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部政策労働局産業政策課

電話:078-362-3315

FAX:078-362-3915

Eメール:sangyoseisaku@pref.hyogo.lg.jp