ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格 > しごと・雇用・働き方 > 中小企業育児・介護等離職者雇用助成金

ここから本文です。

更新日:2018年6月5日

中小企業育児・介護等離職者雇用助成金

育児や介護等の理由により離職した方の再就職を支援するため、当該離職者を雇用した企業等に助成金を支給します。

当該事業は県が(公財)兵庫県勤労福祉協会に委託を行い実施しています。支給要件の詳細、支給申請の手続き方法等については、ひょうご仕事と生活センター(外部サイトへリンク)までお問い合わせください。

支給要件

対象事業主

  1. 過去に企業等を、結婚、妊娠、出産、育児、介護、配偶者の転勤の理由により離職した対象労働者を雇用した事業主
  2. 企業(全体の)規模、及び助成金を申請する事業所規模について、以下のいずれの要件も満たす事業主
  • (企業規模)・・・常時雇用労働者が300人以下
  • (事業所規模)・・・

会社等

会社法第2条で定義する「株式会社」(「有限会社」含む)「合名会社」「合同会社」

会社等以外

医療法人、社会福祉法人、NPO法人、学校法人、個人事業主など

常時雇用労働者が100人以下の兵庫県内の事業所

常時雇用労働者20人以下の兵庫県内の事業所

常時雇用・・・雇用期間の定めのない又は1年以上の雇用契約による労働者で、かつ1週間の所定労働時間が30時間以上の雇用

対象労働者

  1. 過去に企業等を、結婚、妊娠、出産、育児、介護、配偶者の転勤により離職した方
  2. 離職期間が6年未満、又は離職理由が妊娠・出産・育児である場合、末子出産後2年未満

支給額

対象労働者1人につき

正社員

50万円

短時間勤務正社員

40万円
正社員以外(フルタイムに限る) 20万円

 

(注)国の両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)の対象となる場合は、差額を支給します。

正社員・・・雇用期間の定めのない労働契約による労働者で、かつ、当該企業等において正規の従業員として位置づけられており、所定労働時間が同一の事業主に雇用される通常の労働者の所定労働時間(以下「通常所定労働時間」という。)と同じ労働者

 

短時間勤務正社員・・・雇用期間の定めのない労働契約による労働者で、かつ、当該企業等において正規の従業員として位置づけられており、当該労働者に適用される所定労働時間が通常所定労働時間と比較して短い労働者

正社員以外(フルタイムに限る)・・・雇用期間の定めのない又は1年以上の雇用契約による労働者で、かつ所定労働時間が通常と同じ労働者のうち、正社員待遇が適用されない労働者

申請について

当該事業は県が(公財)兵庫県勤労福祉協会に委託を行い実施しています。支給要件の詳細、支給申請の手続き方法等については、ひょうご仕事と生活センター(外部サイトへリンク)までお問い合わせください。

リーフレット(PDF:285KB)

「中小企業育児・介護等離職者雇用助成金」は、県の委託事業「ひょうご仕事と生活センター事業」の一環として行われており、県内企業におけるワーク・ライフ・バランスの推進を目的としています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部政策労働局労政福祉課

電話:078-362-3362

FAX:078-362-3392

Eメール:rouseifukushika@pref.hyogo.lg.jp

(公財)兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター
〒650-0011神戸市中央区下山手通6-3-28兵庫県中央労働センター1階
電話番号:078-381-5277
ファックス番号:078-381-5288
Email:info@hyogo-wlb.jp