ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 情報通信・IT > 兵庫ニューメディア推進協議会 > 地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術(2013年3月19日(火曜日)・養父市)

ここから本文です。

更新日:2013年3月22日

地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術(2013年3月19日(火曜日)・養父市)

「おそれいりこだし」のツイッター部長が但馬にやってくる!!
これからのマーケティング手法を学ぼう
地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術

ツイッター部長が但馬にやってくる!!地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術(平成25年3月19日)を開催しました。但馬を中心に約60人の方にご参加いただきました。

地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術(写真)

 
動画共有サイトや、facebook/twitterなどのソーシャルメディアをマーケティングなどに利用している先進企業の事例がとりあげられることが増えています。
ソーシャルメディアを活用することで、地方の事業者であっても、全国レベルので情報発信が可能になったといわれるなか、カトキチ、丸亀製麺などで、斬新な発想でマーケティングを仕掛けてこられた「ツイッター部長」こと、末広栄二さんをお招きして、これからのマーケティング手法を学ぶためのセミナーを開催します。 

■日程
 2013年3月19日(火曜日) 15時00分~17時00分

■場所
 株式会社オーシスマップ 青渓技術センター(旧青渓中学校)
 兵庫県養父市八鹿町宿南2589-1 TEL:079-663-3680(代) http://www.osysmap.jp/place.html(外部サイトへリンク)

■講師
 末広栄二さん(ソーシャルシフト・コンサルタント)
 地方だからこそ有利・ソーシャルメディア活用術

 栃木県那須塩原市出身。アメリカ遊学後、映像制作会社を起業。
 株式会社レンズインターナショナル(「牛角」)、株式会社シャトレーゼなどで、マーケティングを担当し、
 売上げを大幅に向上させる。
 2007年にテーブルマーク株式会社(「カトキチ」)入社。コーポレートコミュニケーション部長として、
 ツイッターによるマーケティングを実践。
 「おそれいりこだし」、「おはようございますうどん」などの言葉を大ヒットさせる。
 2011年には、株式会社トリドールに入社し、ソーシャルメディアを活用した「丸亀製麺」のブランディングを実践。
 2012年4月からは、フリーランスとして、引き続き、神戸に拠点に活動中。
 著書に、「ツイッター部長のおそれいりこだし」(日経BP社)、小さな企業の利益が2倍になるソーシャルシフト
 (日本経済新聞出版社)がある。

■参加費
 無料 ※どなたでもご参加いただけます

■定員
 約60人(先着申込み順)

■主催
 
養父市商工会/兵庫ニューメディア推進協議会

■後援
 兵庫県

■申し込み方法
 締切 3月15日(金曜日)
 メール、ファックスなどにより、氏名、所属・役職、連絡先(電話、メールアドレス)を事務局までお知らせください。

■事務局
 兵庫ニューメディア推進協議会事務局(兵庫県産業労働部新産業情報課内)
 メールshinsangyo@pref.hyogo.lg.jp
 URL http://web.pref.hyogo.lg.jp/sr10/hnmsk/24seminar8.html
 電話 078-362-9189 ファクシミリ 078-362-4466

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp