ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 情報通信・IT > 兵庫ニューメディア推進協議会 > 兵庫ニューメディア推進協議会平成24年度総会・記念講演会(平成24年5月22日)

ここから本文です。

更新日:2012年9月11日

兵庫ニューメディア推進協議会平成24年度総会・記念講演会(平成24年5月22日)

兵庫ニューメディア推進協議会 平成24年度総会・記念講演会
大震災とメディア -被災地に向き合うために-

講演会は平成24年5月22日に終了しました。
講演会の模様(Ustream)(外部サイトへリンク)

平成24年度記念講演会(写真)

平成24年度総会チラシ

 東日本大震災においては、新聞、テレビ、ラジオなどのマスメディアだけでなく、SNS、ミニブログ、動画配信サイトなどのソーシャルメディアが、被害の状況などを情報伝達するために大きく役立ちました。
 また、マスメディアが、ソーシャルメディアも活用して、リアルタイムに情報提供を行うなど、メディアの垣根を越えた情報発信が盛んに行われました。
 このたび、宮城県に本社を置く河北新報社で、震災発生当時にメディア局長として陣頭指揮をとられた佐藤和文さんを講師に迎え、「大震災とメディア」をテーマに講演会を行います。

 入場無料(どなたでもご参加いただけます。事前申込みが必要)

日時 平成24年5月22日(火曜日) 午後4時00分~5時30分(開場午後3時45分)

場所 兵庫県公館大会議室
    神戸市中央区下山手通4丁目4番1号
    神戸市営地下鉄「県庁前駅」下車すぐ。JR・阪神「元町駅」西口下車徒歩5分

主催 兵庫ニューメディア推進協議会、兵庫県

後援 近畿経済産業局、地域ICT推進協議会(COPLI)、近畿情報通信協議会(予定)

講師 佐藤和文さん
 河北新報社元メディア局長(現デジタル戦略委員会シニアアドバイザー)

演題 大震災とメディア -被災地に「向き合うために-

(講師略歴)
1974年、東北大学法学部を卒業、同年、河北新報社に入社。報道部、東京支社などを経て1997年、ネット部門であるメディア局へ。2008年から2012年までメディア局長。ニュースサイト、モバイルのほか地域SNS「ふらっと」、Twitterを導入、多メディア報道に力を入れた。2011年3月11日の東日本大震災では、ニュースサイト、モバイルに加えて、SNSやTwitterによる生活情報の発信、被災地に向かう非営利団体とのチャンネルづくりに取り組んだ。共著「新訂新聞学」(2009年、日本評論社)など。

【申し込み方法】
兵庫ニューメディア推進協議会事務局(兵庫県産業労働部新産業情報課内)
TEL 078-341-7711(内線3548) FAX 078-362-4466
メールmadoguchi@hnmpc.gr.jp
WEB http://www.hnmpc.gr.jp/(外部サイトへリンク)
参加申込ページ・兵庫県電子申請共同運営システム(外部サイトへリンク)

【Ustream生中継】
Ustream生中継 http://www.ustream.tv/channel/hnmsk
Twitter #hnmsk

【申し込み方法】
メール、ファックスなどにより、氏名、連絡先(電話、メールアドレス)、
所属団体を事務局までお知らせください。

兵庫ニューメディア推進協議会は、企業、学識者、行政が一体となって、地域情報化の推進、調査研究、普及啓発など、ICTにかかるさまざまな活動を行っている団体です。(事務局:兵庫県産業労働部)

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp