ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 情報通信・IT > ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会研究交流会「安全・安心・快適な人と車の社会の実現を目指して」(平成26年3月10日(月曜日)・兵庫県立大学(ポートアイランド)

ここから本文です。

更新日:2014年3月12日

ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会研究交流会「安全・安心・快適な人と車の社会の実現を目指して」(平成26年3月10日(月曜日)・兵庫県立大学(ポートアイランド)

ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会研究交流会(チラシ)
 神戸ポートアイランド地域においては、神戸医療産業都市の進展や、スーパーコンピュータ「京」、地元大学の立地をはじめ、産学官連携により、地域経済を先導するような研究開発、産業の拠点化が期待されています。
 ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会では、研究交流会や講演会の開催等を通じて、研究機関や企業間の連携を図り、大学等の研究成果を産業界へ普及することを目的としております。今回は最近自動運転などで話題の自動車システムに関わる最新動向と今後を紹介します。

■日時
 2014年3月10日(月曜日)14時00分~19時00分

■場所
 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(計算科学センタービル) 7階大講義室
 神戸市中央区港島南町7-1-28 ポートライナー「京コンピュータ前駅」下車 徒歩3分

■参加費
 講演会 無料 / 交流会 2,000円

■定員
 80人(先着順)

■主催
 ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会、

■共催
 兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 社会応用情報科学研究センター
 兵庫ニューメディア推進協議会、地域ICT推進協議会 (順不同)

■プログラム
◎講演1
 14時10分~15時10分
成熟市場で自動車産業はどう変わって、どう生き残るか?
 「モノ」から「サービス」へ視線を変えて見えてくること
株式会社豊田中央研究所 先端研究センター 社会システム研究室 手嶋茂晴 氏
クルマの値段は何で決まるのでしょうか。デジタル機器のように価格崩壊が起きるのでしょうか。都市交通の事例分析など社会的文脈の中からクルマの価値を考え直す活動を通じて得た私見を紹介します。

◎講演2 15時25分~16時25分
自動車ソフトウェアでの安全性・セキュリティについて
名古屋大学大学院情報科学研究科教授 高田広章 氏
現在の自動車は大規模なソフトウェアで機能が実現されています。その自動車ソフトウェアで安全性、セキュリティの確保は大きな課題です。本講演ではこの課題の最新動向を紹介します。

◎講演3 16時25分~17時25分
通信を利用した先進運転支援システムにおけるデータ処理の効率化
同志社大学 理工学部 モビリティセンター教授 佐藤健哉 氏
自動車間の通信、自動車と道路あるいはその先にあるデータセンターとの通信の利用により運転を支援する自動車システムと効率的に大量のデータ処理を実現する方法を紹介します。

◎交流会 17時40分~19時00分
 場所 1階カフェテリア FOCUS
 参加費 2,000円

■お申し込み・お問い合わせ
神戸市中央区港島南町7-1-28 兵庫県立大学応用情報科学研究科 中本幸一
Email:nakamoto@ai.u-hyogo.ac.jp
FAX:078-303-1964
*FAXまたはEmailでお申込み下さい。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp