ホーム > 地域・交流・観光 > 観光・レジャー > 観光 > 訪日教育旅行の促進

ここから本文です。

更新日:2012年5月11日

訪日教育旅行の促進

本県では、若年層の交流拡大による国際相互理解・国際理解教育を促進や将来のリピーターや兵庫のファンづくりを目的に、訪日教育旅行を推進しています。

平成18年度に「兵庫県訪日教育旅行促進協議会」を設置し、関係機関と連携しながら訪日教育旅行の受入を行うとともに、学校同士のマッチングを専門に行う「学校交流コーディネーター」を設置し、本格的に訪日教育旅行を促進しています。さらに平成21年度には、「学校交流プランナー」も設置し、学校交流の内容充実に努めています。


(国における推進状況)

文部科学省では、外国人青少年を学校等へ受け入れ交流することは、海外の青少年との異文化体験を通し国際理解を深め、国際性を養うという点で大きな意義をもつとともに、外国の青少年に我が国を理解してもらう上で意味のあるとの考えから、平成17年10月に「フレンドシップ・ジャパン・プラン」(外国人青少年受入倍増計画)を策定し、海外青少年の日本の学校への受入を促進しています。

観光庁においても、「観光立国推進基本計画」に「青少年による国際交流の促進」を位置づけ、訪日教育旅行を積極的に推進しています。

兵庫県訪日教育旅行促進協議会

訪日教育旅行の円滑な受入れを推進するため「兵庫県訪日教育旅行促進協議会」を設置しています。

(事務局:兵庫県産業労働部国際局観光交流課)

《役割》

・訪日教育旅行における学校交流受入れのための総合調整

・訪日教育旅行に関する学校に対する啓発

・訪日教育旅行に関する情報収集

・兵庫県への訪日教育旅行の誘致

《会長》兵庫県観光監

《構成団体》

国土交通省(近畿運輸局企画観光部国際観光課)、神戸市(産業振興局観光コンベンション課、市長室国際交流推進部、教育委員会事務局指導部指導課)、姫路市(農政経済局観光交流推進室、市民局文化交流課、教育委員会学校教育部学校指導課)、公益社団法人ひょうごツーリズム協会、公益財団法人兵庫県国際交流協会、財団法人神戸国際観光コンベンション協会、社団法人姫路観光コンベンションビューロー、兵庫教育文化研究所、兵庫県(企画県民部管理局教育課、産業労働部国際局国際交流課、教育委員会事務局義務教育課、教育委員会事務局高校教育課、教育委員会事務局人権教育課)

学校交流コーディネーター・学校交流プランナー

 (公財)兵庫県国際交流協会に、学校・施設・地域に対する啓発・情報提供、受入打診等のマッチングを行う学校交流コーディネーターを配置しています。

 また、地域における訪日教育旅行の受入を円滑に進めるため、学校交流コーディネーターと連携して、国内外の旅行会社との連絡調整や学校交流行事の実施を行う学校交流プランナーも配置しています。

お問い合わせ

部署名:産業労働部 観光交流課

電話:078-362-3697

FAX:078-362-4275

Eメール:kankokoryu@pref.hyogo.lg.jp