ホーム > イベントカレンダー > 兵庫陶芸美術館 県政150周年事業 特別展 「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」(篠山市)

ここから本文です。

更新日:2018年6月9日

兵庫陶芸美術館 県政150周年事業 特別展 「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」(篠山市)

ひょうごのやきもの150年チラシ

概要

兵庫陶芸美術館 特別展
県政150周年記念事業 「ひょうごのやきもの150年―技・匠からアート・個性へ―」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ”美術”という概念が西洋からもたらされた明治期、絵画や彫刻などのfine art(純粋美術)に対して、陶芸を含む工芸はapplied art(応用美術)と位置づけられました。この時期、日本で作られた陶磁器は海外でも高く評価されましたが、優れた作品が生み出される土壌は、殖産興業という政府主導の産業政策によるものでした。
 その後、大正、昭和へと移行していく中で、個人の造形物として作家性が打ち出された作品が作り出されるようになりました。さらに、第二次世界大戦後、これまで使用を前提としていた陶芸の現場から、用途を持たないやきものが登場します。そのような中で、用と美に関する考察や工芸の立ち位置の検証が批評家、作家双方によって行われてきました。
 本展では、県政150周年を記念して、古くから窯業の盛んな兵庫で明治から現在までに作られたやきものを、それらを取り巻く一連の時代背景とともに紹介します。明治期の高い技術力を窺わせる輸出陶磁から、伝統を次代に引き継ぐ伝統工芸士、兵庫県の文化賞受賞者や芸術奨励賞受賞者等の作品まで、約110点を通して、兵庫の陶芸の魅力に迫ります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◇会期:2018年6月9日(土曜日)~9月9日(日曜日)

◇開館時間:10時~18時(ただし、7月~8月の土・日曜日は午前9時半~午後7時)※入館はいずれも閉館の30分前まで。

休館日:月曜日。※ただし、7月16日(月・祝)は開館し、7月17日(火曜日)は休館

観覧料:一般600(500)円、大学生500(400)円、高校生以下無料

 ※7月12日(木曜日)~16日(月・祝)の5日間は「県政150周年記念県立美術館博物館無料開放事業」により入館料が無料になります。
 ※20名以上の場合は団体割引料金になります。
 ※高校生以下は無料です。
 ※70歳以上の方は半額になります。
 ※障害のある方は半額、その介助者1名は無料になります。
 ※特別割引はローソンチケット・ミニストップ(Lコード 51373)、ファミリーマート(店内設置のFamiポートより)で9月8日(土曜日)まで販売しています。

主催:兵庫陶芸美術館、神戸新聞社

後援:兵庫県 兵庫県教育委員会 篠山市 篠山市教育委員会 丹波市 丹波市教育委員会 (公財)兵庫県芸術文化協会 (公財)兵庫県国際交流協会

協力:丹波立杭陶磁器協同組合助成

特別協力:芸術文化振興基金

ひょうご150-1

出石/出石改良陶磁器株式会社 白磁貼花菊文籠形壺 20世紀初頭 兵庫陶芸美術館(田中寛コレクション) 

ひょうご150-2

桝本佳子 平等院鳳凰堂/皿 2016年 兵庫陶芸美術館 撮影:KENSE

ひょうご150-3

淡路/淡陶社 色絵花鳥図鉢 19世紀後半~20世紀前半 兵庫陶芸美術館

開催期間

  • 2018年6月9日(土曜日)~2018年9月9日(日曜日)

開催場所

会場名 兵庫陶芸美術館
会場住所

〒669-2135

兵庫県篠山市今田町上立杭4

TEL.079-597-3961

FAX.079-597-3967

E-mail togei@pref.hyogo.lg.jp
会場へのアクセス

詳細は:兵庫陶芸美術館アクセスページ(外部サイトへリンク)

◆JRをご利用の場合

  • 福知山線「相野駅」下車(大阪駅から約50分)、駅前より神姫グリーンバス「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉」または「清水寺」行き乗車約15分、「兵庫陶芸美術館」下車

※ただし運行本数が限られていますので当館ホームページ(上記リンク)内、JR・バス時刻表をご確認下さい。
※相野駅よりタクシーも運行しています。

自動車をご利用の場合

  • 舞鶴若狭自動車道「三田西IC」より約15分、または「丹南篠山口IC」より約20分
  • 中国自動車道「滝野社IC」より国道372号を東へ約30分
  • 阪神方面より国道176号を北上し、三田市四ツ辻信号を左折約15分

駐車場(無料)

敷地内に58台分(普通車)の駐車スペースをご用意しています。

移動が困難な方は、館玄関前に駐車していただけますので、駐車場誘導係にお申し付けください。

観光バスの受付については、お問い合わせください。

◆その他

無料貸出:車椅子4台、ベビーカー1台

地図 地図

関連メニュー

◆記念講演会「近代陶芸の150年ー技・匠からアート・個性へ」

 日 時:2018年7月21日(土曜日) 13時30分~15時(開場は13時)

 講 師:中ノ堂 一信 氏(京都造形芸術大学 客員教授)

 場 所:兵庫陶芸美術館 研修棟1F セミナー室

 定 員:110名(先着順。事前申込制。電話・FAX、ホームページからもお申し込みいただけます。)

 参加費:無料 ※参加には本展観覧券(当日半券可)が必要です

◆子育て世代ワークショップ「とびだせ!ふしぎなお皿」

 日 時:2018年8月25日(土曜日)13時30分~15時30分

 講 師:桝本佳子氏(本展出品作家)

 対 象:小学生とその保護者 ※保護者の参加が必要です

会 場:兵庫陶芸美術館 エントランス棟1F 工房 

 応募〆切:2018年8月2日(木曜日) 16時必着 

 ※事前申し込み制(有料、親子10組まで、応募者多数の場合は抽選)

 ※詳しくはお問い合わせください。

◆「夏休み!1日まるごとこどもの日」

 日 時:2018年7月22日(日曜日)10時~15時30分

 ※詳しくはお問合せください。

 ※当日は小さいお子様連れのお客様がいつもより多数ご来館されることが予想されます。

 予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

◆当館学芸員によるギャラリートーク

 6月16日(土曜日)、6月30日(土曜日)、7月14日(土曜日)、7月28日(土曜日)、7月28日(土曜日)、8月11日(土・祝)、8月25日(土曜日)、9月8日(土曜日)
 ※いずれも11時より (観覧券が必要です)

■同時開催:テーマ展

「丹波の民藝 生田和孝の陶業」 2018年6月9日(土曜日)~2018年9月9日(日曜日)

「丹波焼の世界 season2」 2018年5月23日(水曜日)~2019年3月24日(日曜日)

■次回特別展・テーマ展

特別展「没後50年 河井寬次郎 -過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今-」 2018年9月22日(土曜日)~12月9日(日曜日)


※詳しくは兵庫陶芸美術館ホームページをご確認いただくか、お問い合わせください。

お問い合わせ

部署名:兵庫陶芸美術館