ホーム > 2021年9月記者発表資料 > 令和3年度「但馬中学生からのメッセージ~私の主張2021~」の実施

ここから本文です。

令和3年度「但馬中学生からのメッセージ~私の主張2021~」の実施

2021年9月3日

担当部署名/但馬県民局地域政策室協働推進課 外郭団体名等/但馬青少年本部  直通電話/0796-26-3648

 

 但馬地域の中学校から選ばれた6名の中学生が、日常生活や団体活動等の体験を通し、考えていること、感じていることをメッセージに込めて(作文)発表し、兵庫県大会の出場者を審査・決定しました。

 今年度は、コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年度に引き続き、例年行っている弁論大会を取り止め、作文による審査を行いました。

 

  記

 

1 主催

但馬青少年本部、但馬中学校長会

 

2 内容

但馬管内の中学校から選ばれた6名の代表中学生の作品(中学生からのメッセージ)の審査。

・課題

次のいずれかに該当する内容

(1) 社会や世界へ向けての意見、未来への希望や提案など。

(2) 家庭、学校生活、社会(地域活動)及び身の回りや友達との関わりなど。

(3) テレビや新聞などで報道されている少年の問題行動、大人や社会の様々な出来事に対する意見や提言など。

(4) 「ひょうご青少年憲章」について考えること。 

 

3 審査結果

題名・中学校名・学年・氏名

但馬青少年本部長賞(最優秀賞)

「未来への願い」

豊岡市立豊岡北中学校 3年 陳 篠

但馬中学校長会長賞(優秀賞)

「尊敬する家族の生き方」

豊岡市立但東中学校 3年 平岡 蒼依

「言葉にする」

朝来市立朝来中学校 3年 伊藤 小羽

奨励賞

「自分らしく生きていくために」

養父市立八鹿青渓中学校 2年 日下部 碧海

「私の中で生きる伝統文化」

香美町立村岡中学校 3年 西谷 悠希

「消えかけた言葉」

新温泉町立浜坂中学校 3年 西垣 未侑

※但馬青少年本部長賞受賞者は、9月25日(土曜日)に兵庫県民会館(神戸市)で行われる、公益財団法人兵庫県青少年本部主催「令和3年度 少年の主張兵庫県大会」の但馬代表として推薦します。

 

4 表彰

今年度の表彰式は、コロナウイルス感染防止のため各学校で行う予定です。