ホーム > 2021年9月記者発表資料 > 令和3年度「但馬産業大賞」の決定

ここから本文です。

令和3年度「但馬産業大賞」の決定

2021年9月28日

担当部署名/但馬県民局地域政策室地域づくり課  直通電話/0796-26-3685

 但馬県民局では、優れた技術やサービスで活躍し、地域の発展、経済の活性化に大きく貢献された事業者等を顕彰する「但馬産業大賞」を平成19年度より実施し、今年で15回目を迎えました。このたび、令和3年度の受賞者を次のとおり決定しました。また、受賞企業の魅力を地域内外に広く発信するため、兵庫県ホームページに受賞概要を掲載します。

 

1 対象部門及び受賞企業(受賞内容の詳細は添付の発表資料をご覧ください)

【キラリと世界へ輝く技術部門】
・株式会社脇漁具製作所(豊岡市)
 漁師のニーズに応えた新ソデイカ針と釣人向け新タイプルアーの開発
・株式会社システムリサーチ(豊岡市)
 コロナ禍でも先生が子どもたちに寄り添える「オンラインの教材配信システム」を開発!

【観光・交流資源を活かしたツーリズム部門】
・マルヤ水産株式会社(香美町)
 山陰海岸ジオパークで育まれた「香住ガニ」の商品開発と販路拡大により地域活性化に貢献

【新分野へチャレンジする経営革新部門】
・大徳醤油株式会社(養父市)
天然醸造の手作り醤油キットの販売による、養父市から全国へ伝統技術の発信
・日の出ホールディングス株式会社食品カンパニー但馬醸造所(養父市)
コロナ禍を契機としたスピーディな新商品開発による地域貢献


2 表彰式
(1)日時
令和3年10月5日(火曜日) 14時00分~

(2)場所
豊岡総合庁舎4階 401会議室
※感染症感染拡大防止対策のため、関係者のみで表彰式を執り行います。(取材可)

 

参考:各部門概要
【キラリと世界へ輝く技術部門】
高度な技術的課題を克服し、画期的な製品・部品や生産技術の開発・実用化を実現したものづくり関係の企業、団体等が対象
【自然と共生する環境創造事業部門】
画期的な手法・技術により、環境への負荷を低減したり、資源の再利用による環境創造性を実現した企業、団体等が対象
【観光・交流資源を活かしたツーリズム部門】
新しい視点で但馬地域の豊かな地域資源を有効に活用し、交流人口の増加に意欲的に取り組んでいる企業、団体等が対象
【新分野へチャレンジする経営革新部門】
農商工連携や6次産業化、異業種参入など、新たな経営課題にチャレンジし、新商品開発や新技術を活用した斬新な取組を行っている企業、団体等が対象