ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 但馬県民局 > 但馬県民局/局長メッセージ(平成20年2月)

ここから本文です。

更新日:2008年2月26日

但馬県民局/局長メッセージ(平成20年2月)

 毎月、県民局長から地域の皆様へのメッセージを掲載しています。

 「光を見ること」


平成20年2月のメッセージ

但馬県民局長 南向 明博

 穏やかに始まりをみせた但馬の冬も、本格的な冷え込みを感じるようになり、但馬各地のスキー場にも活気が出てまいりました。

 

 但馬では、コウノトリの野生復帰のための「人と自然が共生する地域づくり」が着実に実を結びつつあるとともに、北近畿豊岡自動車道の延伸など高速交通ネットワークの整備も確実に進んでいます。

 いまこそ、但馬を訪れる交流人口を一層拡大させる絶好の機会であるといえるでしょう。

 

 今年は、こうした好機に、地域の魅力に一層の磨きをかけ、より多くの人々に但馬を楽しんでいただき、交流のリピーターになってもらえるよう、従来にもまして力を注いでまいりたいと考えています。

 

 このため、但馬でしか体験できないコウノトリをシンボルとした環境学習ツーリズムや、農家民宿を活用したグリーンツーリズム、さらには生野・明延・神子畑の鉱山遺産に新しい付加価値をつけた「鉱石の道」ツーリズムなどを推進していくほか、山陰海岸がユネスコ地球科学部門の世界地質公園として認定されるよう、京都府や鳥取県とも連携を進めるなど、数々の但馬の地域資源を活かした体験・交流型ツーリズムを推進していきたいと考えています。

 

 さて、3月16日(日)には、但馬の自然・歴史・文化などを学び、但馬の魅力を再発見してもらおうと第2回目の「但馬検定」が実施されます。今回は3級試験と前回合格者を対象とした2級試験を実施します。この検定を通じて、但馬内外の多くの方に、但馬をより知ってもらい、その素晴らしさにきづいてもらい、そして但馬のファンになっていただくことを期待しています。

 

 但馬の多様な資源を活用しながら、元気な但馬の地域づくりを推進するため皆さんのご支援をお願いします。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 総務企画室

電話:0796-26-3603

FAX:0796-24-3211

Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局企画調整部企画調整課  
電話:0796-26-3611
FAX:0796-24-7490