ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 但馬県民局 > 但馬県民局 局長メッセージ(H24.1月)

ここから本文です。

更新日:2012年2月1日

但馬県民局 局長メッセージ (平成24年1月)

  

 但馬海岸から眺める初日の出

但馬海岸から眺める日の出

 新年あけましておめでとうございます。 

 旧年中にこのコーナーをご覧いただきました皆様方には本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。本年も引き続いて但馬の魅力の発信と、但馬の確かな未来づくりへ向けた取組の紹介を行っていきたいと思います。より多くの皆様方のご支援をいただけるよう頑張ってまいりますのでよろしくお願いします。  

 

初詣で賑わう出石神社

初詣で賑わう出石神社

  さて、但馬ではお正月に、出石(いずし)神社、絹巻(きぬまき)神社、小田井縣(おだいあがた)神社、養父(やぶ)神社、粟鹿(あわが)神社の五つの主要神社を巡って初詣をすると縁起が良いとされています。五社が広域にわたっているため、現実には五社すべて巡るのは難しい面もありますが、二社以上を巡ることはよくあります。

  凛とした冬の寒気の中で、大木が多く荘厳な雰囲気のある神社での参拝は身が引き締まる思いがします。

  東日本大震災をはじめとして様々な災害に見舞われ、世界的にも政治、経済両面で不安定な一年であった昨年のようなことはないように、そして、この但馬がその確かな未来づくりに向けて着実に歩む年になってほしい。そう新年にあたって心から祈ります。 

 百手の儀式2

百手の儀式

 今年はNHKの大河ドラマで平清盛が放映されます。平家というとこの兵庫県では福原の都があった今の神戸市兵庫区や、一ノ谷の合戦で有名な同市須磨区がすぐに浮かびますが、この但馬には平家の落人が暮らしていたことを裏付ける様々な史跡や風習が残っています。今月28日には香美町香住区余部の御崎地区の平内神社で行われる百手(ももて)の儀式もその一つです。平家の武将に扮した3人の少年が境内のご神木に源氏に見立てて掲げた白紙の的をめがけて、竹で作った弓矢で101本の矢を射るもので、平家の無念を晴らし、平家再興を夢見て受け継がれてきた伝統行事です。敗者の無念に思いを馳せながら数々の落人伝説が残る但馬の冬を楽しんでみるのも風情があります。但馬として平家ゆかりの地を盛り上げていきたいと思います。  

 

除雪機動隊発隊式

除雪機動隊発隊式

 最後に、昨年末に但馬地域における県政10大ニュースを発表しましたのでこのコーナーでも紹介をしたいと思います。私にとって一年を振り返り、但馬県民局としてどのような成果を挙げることができたのかを確認する良い機会となりました。このニュースで掲げたことだけではなく、県政の推進に不可欠な県税を確保したり、県民の皆さんの健康の増進や福祉の向上を支えたり、安全な走行のために道路のパトロールをしたりと、大きなニュースにはならないですが懸命に日頃から地道に業務を遂行しているセクションもたくさんあります。そういった目立たない県政の取組こそ最も重大な県の役割だと思っています。

  まだまだ、やり残したこと、今年こそは実現しようと思うことがたくさんあります。一方で、但馬の確かな未来へとつながる動きが少しずつ現れてきていることも実感しています。今年も但馬県民局一丸となって頑張っていきたいと思いますので、どうかよろしくご支援をお願いします。

 

(平成23年但馬地域の県政10大ニュース)

1 但馬・理想の都の祭典20周年(H26)に向けてキックオフ

 ~ 111団体からなる「但馬の祭典20周年事業推進協議会」を設立、官民一体となり「はばたく但馬 確かな未来へ」向けてスタート~

2 確かな未来へ 但馬地域ビジョンの改訂版策定

 ~ ビジョン策定から10年、但馬の現在と将来を見据え「あしたのふるさと但馬」へ道筋を示す。シンボルプロジェクトも始動~

3 コウノトリの本格的野生復帰に向けた新たなステージへ

 ~ 国際ワークショップ等の開催、コウノトリが生息できる環境整備を拡大 ~

4 世界認定から1年 山陰海岸ジオパーク活動が大きく推進

 ~ 山陰海岸ジオパーク国際学術会議「城崎会議」を開催し、APGNシンポジウムの開催誘致を表明。110kmウオークなど各種イベントも充実し、着実に活動が展開~

5 豪雪に始まり相次ぐ自然災害 対応・復旧に全力で取り組む

 ~ 豪雪、東日本大震災、台風12・15号と猛威をふるう自然災害。応急対応と復旧事業へ取り組む ~

6 食料基地但馬への評価高まる 天皇杯をはじめ農林水産業の受賞相次ぐ 

 ~ これまでの普及活動が実を結び、6次産業化も花開く。農林水産祭天皇杯、米・食味分析鑑定コンクール金賞、全国農業コンクール名誉賞等を受賞し、但馬の「農」が大きくはばたく~

7 鉱石の道 ネットワーク拡大へ気運高まる

 ~ 鉱石の道シンポジウムの開催など、産業遺産を活用した全国的なネットワークが広がる~

8 総合的・複合的な野生動物被害対策の実施

  ~ クマを寄せ付けない集落づくりの推進、シカは食べる獣(もん)やで大作戦の展開~

9 但馬の情報発信戦略の新展開

 ~ アンテナショップを活用したPR、但馬コラボステーションの開設、但馬ふるさと応援隊の任命など新たな取組を展開。南北が一つとなり但馬グリーンツーリズム協会も設立。関係団体が手を携え全国へ「但馬」を発信~

10 但馬の交通ネットワーク整備が進む 地域の悲願達成

 ~ 地域高規格道路・浜坂道路の本体工事着手、鳥居橋、出石鸛見橋、十二所バイパスの供用開始、コウノトリ但馬空港は定期便搭乗者40万人を達成~

 

但馬県民局長 石井孝一

関連メニュー

本文が入ります
本文が入ります
本文が入ります

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 総務企画室

電話:0796-26-3603

FAX:0796-24-3211

Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局総務企画室企画防災課
電話:0796-26-3616
FAX:0796-24-7490
Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp