ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 台風・豪雨・大雨 > 但馬海岸へ漂着したポリ容器について

ここから本文です。

更新日:2010年1月26日

但馬海岸へ漂着したポリ容器について

 平成22年1月4日以降、島根県・鳥取県の海岸にポリ容器の漂着が確認されており、本県但馬海岸においても、1月25日以降、漂着したポリ容器を回収しています。

 島根県、鳥取県で回収されたポリ容器の一部には強酸性の液体が残存していたことが確認されており、液体に触れた場合には「やけど」、目に入った場合には「失明」する恐れがあります。

 今後も、漂着・漂流する可能性もあるため、県では、情報収集等の体制を整え、市町・関係機関と共に、住民に注意を呼びかけるなど、その対策にあたっています。

 ポリ容器を発見した場合は、下記のとおり、適切な対応をお願いします。

 

 

■海岸などでポリ容器を見つけたときは

・最寄りの市役所・町役場にお知らせください。

・ポリ容器の中(または周囲)には、人体に害のある液体が付着しているおそれがありますので、ポリ容器には触らないでください。(やけど、失明等の危険性があります)

・体に液体が付着したときは大量の水で洗い流し、すぐに病院で診察を受けてください。

 

■海上で漂流しているポリ容器を見つけたときは

・船などに引き揚げず、そのまま放置してください。

・118番、最寄りの香住海上保安署(0796-36-4999)、香住漁業無線局(0796-36-0273)のいずれかにお知らせください。

・漁網に混入していたときは、そのまま海に戻してください。その際、素手で触れないでください。(ゴム手袋等を使用し、体に付着しないように注意してください。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 総務企画室

電話:0796-26-3603

FAX:0796-24-3211

Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局総務室総務防災課
電話:0796-26-3618
FAX:0796-24-3211
Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp