ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 但馬県民局 > 但馬県民局/局長メッセージ(平成22年4月)

ここから本文です。

更新日:2010年5月28日

但馬県民局/局長メッセージ(平成22年4月)

 県民局長から地域の皆様へのメッセージを掲載しています。

危機管理(災害復旧工事の様子)

 はじめまして! こんにちは!!
 この4月、但馬県民局長に就任した中塚です。
 出身は姫路。趣味は、映画と散歩(街歩き)です。
 どうぞよろしくお願いします。

●「但馬はいいところですよ」「但馬ライフをしっかり楽しんできて」
 人事の内示があってから、但馬への赴任を経験した多くの先輩、知人、友人が、異口同音にそう声をかけてくれました。
 「但馬の夏はとことん暑いし、冬はとことん寒い。まあ、頑張りなさい」と、激励(?)してくれた大先輩もありました。
 実は、一人だけ、「大変だぞ」と、誰も語りたがらぬ真相を打ち明けるように声を潜める人があったのですが、よくよく聞いてみると、慣れない雪かきが大変だったという話。
(公舎の玄関横のメーターボックスにスコップがひっそりと立てかけてあるのを見つけて、ああ、雪国にやって来たのだと実感したものです。)

地域の再生(写真は獣害レンジャーの活動)

 かつて、「但馬長寿の郷」の構想段階から基本設計、そして当時の八鹿町役場の車庫の二階に間借りして準備室を立ち上げるところまで担当したことがあります。
 その五年の間、この地を何度も訪れては、隅々にまで足を運び、多くの方々のお話を聞かせていただきました。
 このたびの赴任を機会に、但馬の、生物多様性ならぬ「地域多様性」の魅力について、情が濃やかで懐の深い人間関係について、もっと知りたいと思っています。
 豊岡で暮らし始めて、まだ一月足らずです。診療所とスナック・小料理屋、信号が多い街。歩いて暮らせるコンパクトな小都市。
 でも、外から見るのと、そこに住んで内から見るのとでは、まるで違っているはずです。
 また、就任あいさつのため、大急ぎで管内を走行して、あらためて「但馬は広い」と実感しました。
 これから少しずつ、時間をかけ、自分自身の五感と足を使って、但馬の魅力を確認し、発見していきたいと考えています。

地域資源の活用(写真は山陰海岸ジオパークの取り組み)

●「但馬のイメージは?」「県民局長として何をやりたいか?」
 ある記者に、インタビューで、そんな質問を受けました。
 県民局長が、というより県民局が果たすべき役割は、四つあるのではないかと私は考えています。
 その第一は、危機管理。具体的には、治山治水や防災・減災対策、医療、健康福祉サービスといった生活の安全と安心の基盤を整えること。道路や交通手段の確保も含まれるでしょう。
 第二は、地域の再生。人口の減少と地域間の偏在、少子化、高齢化といった日本の社会全体の課題が、この地域には縮約され先鋭化されてあらわれています。とりわけ、小さな集落での人々の営みをどう支えていくか。失ったら二度と取り戻すことができない大切なものが、そこにはあるのではないか。
 第三は、ジオパーク、コウノトリ、鉱石の道、等々に象徴される「元気の源」をしっかりと根づかせ、開花させること。地域ビジョンがめざす「あしたのふるさと・但馬」づくりに向けて、もてる資源を最大限に活かしていくことです。

但馬から”発信”(「但馬応援隊」)

 最後に、いま述べた三つの取り組みを統合して、内外に発信していくこと。但馬の地域づくりの現状を自分たちで確認しあい、外部の人に評価してもらう。日々の暮らしそのものを、そして、より良いコミュニティをめざして躍動する人々の姿を発信し続けていくことです。
 いま県民局では、平成6年に開催された「但馬理想の都の祭典」の20周年に向け、「“はばたく但馬”確かな未来へ」のスローガンのもとでキャンペーンを進めています。
 転変する時代のなかで失われつつあるもの。その小さくてはかないもののうちに、実は未来を切り拓いていくためのヒントが無尽蔵に隠されているのではないか。
 その種を発芽させ、生長させていくと、まったく新しい未来が姿をあらわすのだけれども、それは実に懐かしい。新しいけれど、懐かしい未来。
 それが、私にとっての「但馬のイメージ」であり、同時に、たとえわずかでもその実現のために尽力したいと思っている目標である。
 これが、先の質問に対する私の回答でした。
 ずいぶん抽象的な話です。これから、月に一度のメッセージを通じて、一つ一つ具体的に述べていきたいと思います。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 地域政策室

電話:0796-26-3674

FAX:0796-23-1476

Eメール:tajimachiiki@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局総務室地域企画課
電話:0796-26-3611
FAX:0796-24-7490
Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp