ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 但馬県民局 > 但馬県民局/局長メッセージ(平成22年1月)

ここから本文です。

更新日:2010年10月5日

但馬県民局/局長メッセージ(平成22年1月)

山陰海岸ジオパーク(鎧の袖)

 あけましておめでとうございます。皆様、恙なく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 但馬県民局に赴任して二度目のお正月を迎えます。行財政改革で組織・予算は縮小していく中で、職員のモチベーションを如何に高めていくか、自発力・提案力を引き出すかは私に課せられた重要な使命です。
 職員とりわけ但馬への単身赴任者に再々言うことは「公私混同のススメ」。一瞬ギョッとされるかも知れません。公務員にとって公私混同は最も戒めねばならぬ犯罪です。
 私が言いたいのは、決められた仕事は一通りやり遂げてもらう必要があるが、それに加えて自分の得意分野・興味関心の強い事柄には、さらに一層努力を傾注して“楽しみながら面白がって仕事をしたらどうか”ということです。
 人は誰でも好きなことには没頭できる、寝食を忘れて取り組めるものです。それが職務とオーバーラップすれば、しめたものです。これがいわゆる「得手に帆を上げ」と言いましょうか、「良い意味での公私混同のススメ」。
 大過なく任期を終えるのではなく、知恵と情熱を持った突破力のある職員が一人でも多くいたらおもしろいだろうな、と思います。
 「但馬のために働くのだ」と気負う必要はない。何年か経って自分自身を振り返ったときに「実に楽しい充実した但馬勤務だった」と思えるような没頭・・・それがひいては但馬のためになるのだと信じます。

但馬観光協議会の設立

 新年度にかける夢を少し語らせていただきます。

 夢テーブル委員の方々と一緒に検討中なのが、「レッツ・ラブ・但馬キャンペーン」(仮称)
 平成21年度は、「快適但馬と新しいライフスタイルの創造」をテーマとした「但馬・理想の都の祭典」からちょうど15年の節目、現在の合い言葉「交流と共生」の原点でした。さらに5年後は「20周年」。大きな節目に合わせて一大ムーブメントが起こせないか。但馬の情報を対外的に発信していく絶好のタイミングでもありましょう。
 今更言うまでもありませんが、但馬は情報発信ネタとしては「お宝の山」。
 コウノトリも順調に野生復帰し環境と経済が共鳴しつつあります。山陰海岸ジオパーク世界登録の足がかりもできました。他に余部鉄橋架替、北近畿豊岡自動車道・和田山~八鹿間開通、ラムサール条約湿地登録、JR山陰本線・播但線輸送改善事業など、枚挙にいとまがありません。
 そして平成26年度には「但馬・理想の都20周年記念事業」へと夢をつないでいきたいものです。

但馬まるごと感動市

【平成21年 但馬地域の県政10大ニュース】
1.山陰海岸が世界ジオパークネットワーク国内候補地に選定
 ~ 世界挑戦に向け専任組織による協議会事務局もスタート ~
2.オール但馬の観光振興をリードする新たな推進母体〈但馬観光協議会〉の立ち上げ
 ~ あいたい兵庫デスティネーションキャンペーンの成果を生かした但馬ブランドの確立
      ポスト『但馬・理想の都の祭典』キャンペーンのスタート ~
3.台風9号により、朝来市に災害救助法を適用
 ~ 災害の復旧・復興計画まとまる
     但馬で初めてのフェニックス共済給付により生活再建を支援 ~
4.新型インフルエンザ対策に懸命な取り組み
 ~ 秋以降に感染が急速に拡大 但馬でも学級閉鎖相次ぐ ~
5.コウノトリの郷公園開園10周年記念事業を開催
 ~ 試験放鳥最終年を迎え、但東町唐川でペアのコウノトリを放鳥 ~

コウノトリ段階的放鳥

6.獣害シャットアウト作戦がいよいよスタート
 ~ 集落ぐるみの野生鳥獣被害対策モデル実証事業などを展開 ~
7.「コウノトリ育む田んぼ」認定制度がスタート 但馬全域に取り組み拡がる
 ~ 「コウノトリ育む農法」が『第1回生物多様性日本アワード(環境省等主催)』で見事優秀賞を受賞 ~
8.ふれあいの祭典 コウノトリ翔る但馬まるごと感動市を盛大に開催
 ~ 過去最大の11万3千人が但馬の魅力を満喫 ~
9.但馬13集落で小規模集落元気作戦を展開
 ~ I・J・Uターンの経験を生かす、たじま“自適生活(ゆうゆうライフ)応援団”を設立 ~
10.兵庫県新漁業調査船「たじま」竣工
  ~ 最新鋭機器を搭載し但馬の漁業振興に大きく貢献 ~

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 地域政策室

電話:0796-26-3674

FAX:0796-23-1476

Eメール:tajimachiiki@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局総務室地域企画課  
電話:0796-26-3611
FAX:0796-24-7490
Eメール:tajimasom@pref.hyogo.lg.jp