ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 各種手続・入札 > 許認可手続き > (丹波地域)健康福祉に関する許認可・届出業務ご案内 > (丹波地域)臨時出店(イベント・バザー等)について

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

(丹波地域)臨時出店(イベント・バザー等)について

食品の安全を確保し、食中毒等の事故を防ぐため、イベント等において、社会通念上、営業と認められない範囲で、簡易な施設を設けて食品を提供する場合、催し物主催者もしくは出店者は、事前に健康福祉事務所(保健所)に「臨時出店届」を提出し、食品衛生に関する指導を受けてください。

この届出は一般の地域住民が対象であり、既にお店を経営している方は営業許可が必要です。

1臨時出店の届出の範囲

  • 社会通念上、業と認められない範囲で食品を提供する場合(金銭の授受は関係しない)
  • 出店が1年に1回、かつその日数が連続して3日以内で食品等を提供する場合

2実施にあたって

(1)施設について

  • テントは清潔で衛生的な場所に設置してください。
  • ほこり等の落下侵入を防止できる構造(三方囲いのテント等)にしてください。
  • 手指の洗浄・消毒設備を、調理や食器洗浄のための設備とは別に設けてください。
  • 食品、原材料、器具、容器等を衛生的に保管する設備を設けてください。
  • 必要に応じて温度計を備えた冷蔵・冷凍設備を設けてください。

施設(テント等)の平面図臨時出店テント立体図

(2)取り扱うことができる食品について

分類

品名

提供してもよい食品

原則として、直前に加熱調理され提供される食品で、調理工程が単純なもの

条件つきで提供してもよい食品

(条件)

焼肉、焼き鳥(肉類は冷蔵保存し、十分加熱すること)

かき氷(市販の氷・シロップを使用すること)

もち(白餅、焼き餅や、ぜんざい等に入れる場合に限る)

ジュース、アイスクリームの小分け(市販のものに限る)

市販品の販売は取扱い可能

おにぎり、弁当、そうざい、菓子、野菜、果物、一般食品等

  • 温度管理が必要な場合は、保存ケースや冷蔵設備などが必要な場合がある。
  • 小分け販売はしないこと。

提供してはいけない食品

サラダ、酢の物、刺身、寿司類(ちらし寿司含む)、生卵、精肉、鮮魚、牛乳等の生もの

おにぎり(自家製)、あんこ餅・きなこ餅等(餅をついた後に混ぜ込みがあるもの)

冷やしキュウリ、生の果実を使用したスムージー、チョコバナナ

個人で判断せず、丹波健康福祉事務所(丹波保健所)食品薬務衛生課までご相談ください。

3届出の手続きについて

次の書類を実施の1週間ほど前までに提出してください。

  • 届出用紙(食品取扱責任者を明確に)
  • 実施場所付近の見取り図
  • 実施場所の配置図(手洗い・消毒設備の位置、材料保管場所などを明記)

届出用紙は窓口まで取りに来てください。その際に必要な衛生措置等を詳しく説明します。見取り図、配置図は用紙裏面に記載するか、別紙で添付してください。

4注意事項

(1)調理従事者の健康チェック

手指に傷のある人、下痢・腹痛の症状のある人は調理・加工に従事させないでください。調理・加工に従事できない方の例(図)

役割分担等を工夫して、調理する人はできるだけ少人数に特定してください。

(2)食品の取扱い

  • 食品は、中心部まで十分に加熱してください。
  • 下処理(皮むき等)や仕込みも必ず当日行ってください。

(前日からの作り置きはしない。自宅台所での仕込み・調理は不可)

  • 手指・調理器具の洗浄消毒を徹底し、食品に触れる場合は使い捨て手袋等を使用してください。
  • 持ち帰りはさせず、その場で飲食させるように、フタなしで提供してください。
  • 市販品をそのまま販売する場合は次のことに注意してください。
    • 直射日光を避け、必要に応じて冷蔵(冷凍)庫を準備し温度管理すること。
    • 商品に表示があることを確認し、適正表示の商品を販売すること。

注意事項、十分な加熱(図)注意事項、10度以下で保存(図)注意事項、包丁、まな板の使い分け(図)注意事項、手洗い(図)

(3)当日の注意点

  • 臨時出店届出の写しを携帯してください。
  • 食品取扱責任者を決め、責任を持って調理従事者を指導・監督してください。
  • 調理にあたっては、上記(1)(2)を守り衛生的に行ってください。
  • 保存食(調理品50グラム、材料50グラム)をラップやビニール袋に2週間冷凍保存してください。

調理販売した食品による事故が発生すると、主催者、食品取扱責任者及び調理担当者に損害賠償責任、刑事責任が問われることがありますので、食品の取扱いには十分責任を持って行ってください。

また、万一事故が起こった場合は、直ちに丹波健康福祉事務所(保健所)に通報するとともに、速やかに対処してください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波健康福祉事務所

電話:0795-73-3754・3776

FAX:0795-73-0259

Eメール:Tanbakf@pref.hyogo.lg.jp