ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 各種手続・入札 > 許認可手続き > (丹波地域)健康福祉に関する許認可・届出業務ご案内 > (丹波地域)露店形態による営業許可

ここから本文です。

更新日:2016年6月21日

(丹波地域)露店形態による営業許可

不特定多数の方を対象に、反復継続して食品を提供するには、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。

移動営業を前提とする場合は、県内いずれかの県民局長の許可をもって他の県民局管内の営業も認められます。

営業許可区域の認められる最大は「県下一円(ただし、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市を除く)」となります。

露店形態による営業許可を受けるには、特例基準に合致した簡易な施設(テント等)を設け、基準を守って食品を提供してください。

1許可の種類

飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業の3種類について、露店形態が認められています。

また、営業品目は加熱調理するものに限る等の条件が付されます。

許可の種類 申請手数料 許可年数 提供できる食品(例)
飲食店営業 16,000円 5年 たこ焼き、焼きそば、お好み焼き
喫茶店営業 9,600円 5年 コーヒー(ホット)、紅茶(ホット)、かき氷、アイスクリームの小分け
菓子製造業 14,000円 5年 タイ焼、大判焼き、ベビーカステラ

2施設と設備

兵庫県食品衛生法基準条例第3条別表第2業種別特例基準

(1)施設(テント等)について

  • テントは清潔で衛生的な場所に設置してください。
  • ほこり等の落下侵入を防止できる構造(三方囲いのテント等)にしてください。
  • 十分な明るさを確保してください。

施設(テント等)の立体図

施設(テント等)の平面図

(2)設備について

  • 手指の洗浄・消毒設備を、調理や食器洗浄のための設備とは別に必要です。
  • 水道水その他飲用に適する水を供給できる給水設備が必要です。
  • 必要に応じて食器・調理器具用の洗浄設備を設けてください。
  • 食品、原材料、器具、容器等を衛生的に保管する設備が必要です。
  • 必要に応じて温度計を備えた冷蔵・冷凍設備を設けてください。
  • 必要に応じて排水容器を設けてください。
  • プラスチックなどの不浸透性材料で作られた蓋付きのゴミ箱が必要です。

3申請から許可がおりるまで

営業許可申請は、申請者の住所地を管轄する健康福祉事務所(保健所)もしくは主な営業区域を管轄する健康福祉事務所(保健所)に対して行ってください。

県外(神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市含む)の申請者は、主な営業区域を管轄する健康福祉事務所(保健所)に対して行ってください。

事前相談

  • 提供したい食品を決めてください。
  • 簡易な施設(テント等)の平面図を準備してください。(手書きでもかまいません。)
  • 必要な機材、取得すべき許可などの説明を受けてください。

申請

  • 手数料を添えて申請書類を提出してください。
  • 実地調査の日程調整を行います。

実地調査

  • 申請された施設が基準に合っているか確認します。
  • テントを持ち込み組み立てる場合は、申請時に実地調査を行うことができます。(事前連絡が必要です。)

許可

  • 実地調査から数日後に許可がおります。
  • 申請した事務所で、受領印を持参の上、営業許可証を受け取ってください。
  • 遠方などで受け取りが困難な方は郵送も可能です。
    A4サイズの封筒に450円分の切手を貼り、宛先を記入してください。

営業開始

  • 営業の際には、許可証(原本)を携行してください。
  • テント等の見やすい位置に営業許可済みシールを貼ってください。

申請に必要な書類等(リンク先より様式をダウンロードすることが可能です。)

食品衛生責任者とは

食品衛生法基準条例により、食品を取り扱う許可施設ごとに、食品衛生責任者の設置が定められています。

食品衛生責任者となれる資格は調理師・製菓衛生師・栄養士などです。

資格がない場合は、自治体がおこなう食品衛生責任者養成講習会を受講することで資格要件を満たします。

兵庫県食品衛生責任者養成講習会(兵庫県食品衛生協会ホームページ)(外部サイトへリンク)

大切なお知らせ

万一の事故・苦情に備えるために50グラムの検食を冷凍保存しましょう。

材料・販売品をそれぞれ清潔なラップ、ビニール等に保管し2週間冷凍保存してください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波健康福祉事務所

電話:0795-73-3754・3776

FAX:0795-73-0259

Eメール:Tanbakf@pref.hyogo.lg.jp