ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 丹波地域のモデルとなる里山づくり活動団体の募集について

ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

丹波地域のモデルとなる里山づくり活動団体の募集について

黒板の絵丹波の里山づくり促進事業実行委員会(丹波県民局、篠山市、丹波市、丹波の森協会で組織、平成30年3月1日設立)では、平成30年度から2年計画で丹波の里山づくり促進事業に取り組んでいます。

当該事業のキックオフとして、5月5日(土曜日)に篠山市四季の森生涯学習センターにおいて「丹波の森を未来につなぐフォーラム」を開催しました。フォーラムの中で参加者に理想の森の絵を描いてもらったところ、子供も大人も森の中で楽しめる親しみの持てる森や収益のある森など、様々な思いのある森の絵が描かれました。

 

当該事業の次のステップとして、この丹波地域らしいモデルとなる里山づくりに取り組む意欲ある活動団体を募集します!
応募された団体の中から内容を審査してモデルとなる活動団体を選定し、その活動が長期間継続できるように支援します。来年度も引き続き募集する予定です。

募集概要

8月31日(金曜日)をもちまして、募集を終了しました。
ご応募ありがとうございました。

目的

里山づくりは、生活空間の一部として、地域住民が主体となって進めることが重要です。このため、丹波地域のモデルとなる里山づくりの活動を支援し、広く紹介することにより、地域全体に活動を広め、丹波地域の美しい里山を次の世代へと繋いでいきます。

事業の概要

この事業は、里山づくり活動団体から里山づくりへの提案(計画)を募り、モデルとなる取り組みを選んで、継続的な活動を支援するものです。
そのため、今後30年にわたり、アドバイザーが活動を支え、また、活動の過程を見学会等で公開します。
森林整備に対する、各種助成事業の活用もご指導します。
詳細は【募集要領】をご覧ください。

対象者及び対象区域

次の全ての要件を満たす団体

  1. 丹波地域内で長期的に次世代に繋いでいく魅力ある里山づくりに取り組む意欲ある団体(自治会、森林ボランティア団体、森づくり活動に取り組む住民団体等)であること。
  2. 活動する里山は、活動団体と森林所有者の間で森林整備の合意のできる森林区域であること。
  3. 活動する里山は、概ね2ヘクタール以上の森林区域であること。

応募方法

応募用紙に必要事項を記入の上、関係書類を添付して、募集期間内に「丹波の里山づくり促進事業実行委員会」に郵送・FAX・メールまたは持参にて提出ください。

募集期間

平成30年7月2日(月曜日)から8月31日(金曜日)まで

選定方法

  • 一次選考:9月末

応募内容について、別に定める選考委員による聞き取り、現地調査等により選定します。
選定された団体には、二次選考に向けて具体的な計画を作ってもらいます。

  • 二次選考:10月末

計画のプレゼン選考委員により、計画の内容を審査して、2団体程度選定します。

応募先・問い合わせ先

丹波の里山づくり促進事業実行委員会(事務局:丹波農林振興事務所森林課)
〒669-3309
兵庫県丹波市柏原町柏原688
電話:0795-73-3795
FAX:0795-72-4063
Eメール:Tanbanorin@pref.hyogo.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波農林振興事務所 森林課

電話:0795-73-3795

内線:306

FAX:0795-72-4063

Eメール:Tanbanorin@pref.hyogo.lg.jp