ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり活動 > (丹波地域)県道篠山山南線「川代恐竜街道」道路サインのデザイン最優秀賞決定

ここから本文です。

更新日:2011年2月18日

(丹波地域)県道篠山山南線「川代恐竜街道」道路サインのデザイン最優秀賞決定

道路サインのデザインが決まりました

選定委員会の様子

兵庫県丹波県民局では、哺乳類化石・恐竜化石の発見と風光明媚な川代渓谷で注目されている篠山市と丹波市を結ぶ県道篠山山南線のうち、日本風景街道の登録を受けた区間について、昨年度公募により道路愛称を「川代恐竜街道」に決定しました。引き続き、今年度は「川代恐竜街道」をイメージした道路サインのデザインを、昨年11月から今年1月20日までの期間に募集していました。

このほど、全国から応募いただいた128作品について、専門家や公募による一般県民も含めた委員からなる川代恐竜街道道路サイン選定委員会において審議し、以下のとおり最優秀1作品と優秀2作品を決定しましたのでお知らせします。

今回決定しました最優秀作品をもとに、平成23年度から製作・設置を進めていきます。



1.最優秀賞

・応募者:小原節子さん(読み:おばらせつこ)、熊本県玉名郡和水町在住

・選定理由:化石となった恐竜が地層から誕生する様を表現しており、地層と恐竜化石が描かれたシンプルなデザインの中に、恐竜化石発見の地としての期待感が表現されており、川代恐竜街道を恐竜化石発見の地としてPRできること


 

2.優秀賞

・応募者:新田憲明さん(読み:にったのりあき)、香川県東かがわ市在住

・選定理由:恐竜の背中を街道に見立て、恐竜と車が仲良く支え合っている様を表現しており、通行者に親しみを持ってもらえるデザインとなっていること


・応募者:土谷佳弘さん(読み:つちたによしひろ)、兵庫県丹波市在住
・選定理由:恐竜の横顔を表したマークは、もう一つの意味として○(丸)二つが親子、-(横線)が篠山川、□(四角)が丹波の大地を表し、恐竜化石発見の地をシンプルで洗練されたデザインで表現されていること

(優秀賞受賞者の順は応募のあった順に記載)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波土木事務所

電話:0795-73-3828

FAX:0795-73-0034

Eメール:tanbadoboku@pref.hyogo.lg.jp

部署名:兵庫県丹波県民局丹波土木事務所企画調整担当
電話:(代表)0795-72-0500(内線354)/(直通)0795-73-3829
FAX:0795-73-0034