ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 河川整備 > (丹波地域)生活貯水池ダム事業

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

(丹波地域)生活貯水池ダム事業

生活貯水池ダム事業

みくまりダム(平成21年度完成)

生活貯水池整備事業は、昭和63年度に国が地域に密着した小河川における局地的な治水対策と利水対策を目的として創設した事業で、丹波県民局管内には3つの重力式コンクリートダムがあります。

いずれも、洪水調節・河川環境の保全・農業用水の確保及び水道用水の確保を目的として、篠山市又は丹波市と共同で管理をしています。



 



 

主な事業実施箇所

ダム名

水系名
河川名

箇所名

計画概要

着手・完成年度

三宝ダム

(一)由良川
大谷川

丹波市春日町上三井庄

堤高35.1m
堤頂長178m
総貯水量271,000m3

平成元年度着手
平成7年度完成

みくまりダム

(一)加古川
三熊川

篠山市三熊

堤高26.0m
堤頂長86m
総貯水量380,000m3

平成5年度着手
平成21年度完成

栗柄ダム

(一)由良川
滝の尻川

篠山市栗柄

堤高26.7m
堤頂長172m
総貯水量383,000m3

平成6年度着手
平成27年度完成


 

三宝(みたから)ダム

三宝(みたから)ダム

丹波市(旧春日町)の一級河川由良川水系三井庄川流域では、たびたび洪水被害や渇水被害に悩まされてきたため、平成元年度にダム建設に着手し平成7年度に完成しました。

三宝ダムは、全国第一号の生活貯水池として完成し、大谷川・三井庄川の水害防除と、丹波市(旧春日町東部)の水道用水の水源として活用されています。

 

みくまりダム

大芋湖(おくもっこ)

篠山市(旧篠山町)の一級河川加古川水系三熊川流域では、昭和58年9月の台風10号による洪水や、平成2年7月から8月にかけての渇水にみられるように、たびたび水害被害や渇水被害に悩まされてきたため平成5年度ダム建設に着手しました。

その後、平成10年度に県・市による“ダム建設工事に関する基本協定”を締結し、平成13年度に用地買収を行い工事用道路工事に着手しました。

平成17年度に市道の付替工事を終え平成17年12月にダム本体工事に着手。

平成19年9月に最後のダム本体コンクリート工事を行い、平成20年11月1日から試験湛水を開始し平成21年3月に無事試験湛水を完了しました。

また、平成21年5月30日には関係者約150名が出席して竣工式が行われました。

ダム建設に伴い出来た湖は、末永く地域住民に愛し親しんでもらうことを願って公募により「大芋湖(おくもっこ)」と命名されました。

「みくまり」の由来

篠山川の上流に「水分(みくまり)の神」が住み、清らかなおいしい水をこの地に住む人々に分け与えていたと言い伝えられ、この地を「水分(みくまり)」と呼んでいたそうです。

その後、「みくまり」に「三熊(みくま)」と当て字がされたと伝えられており、ダム下流の三熊川沿いには今も水分神社があります。

栗柄(くりから)ダム

栗柄ダム

栗柄(くりから)ダム

篠山市(旧西紀町)の一級河川由良川水系滝の尻川流域では、昭和58年9月の台風10号による洪水や、平成6年7月から9月にかけての渇水にみられるように、たびたび水害被害や渇水被害に悩まされてきたため、平成6年度に建設に着手しました。

その後、平成11年度に県・市による“ダム建設工事に関する基本協定”を締結し、平成15年度には用地買収を行うとともに、平成16年度から県道の付替工事に着手しました。

平成25年7月にはダム本体コンクリート打設が完了し、平成27年5月24日に竣工式が行われました。


お問い合わせ

部署名:丹波県民局 丹波土木事務所 河川課

電話:0795-73-3846

FAX:0795-73-0034

Eメール:tanbadoboku@pref.hyogo.lg.jp