ホーム > 2017年3月記者発表資料 > 平成29年度たんばの消費者力向上推進事業委託団体の募集

ここから本文です。

平成29年度たんばの消費者力向上推進事業委託団体の募集

2017年3月7日

担当部署名/丹波県民局県民交流室丹波消費生活センター(丹波の森公苑内)  直通電話/0795-72-5168

 丹波県民局では、丹波地域における消費者力向上と消費弱者を見守る者への相談対応能力向上を推進するため、地域に積極的に出向いての出前講座やセミナー等を実施しています。
 ついては、出前講座等をNPO等に委託して実施することとしましたので、その委託団体を募集します。

1 事業内容
 出前講座等の実施
 ・高齢者、高校生、特別支援学校等、対象者に合わせた消費者学習プログラム(出前講座等で活用する資料)の作成。
 ・出前講座、セミナー等の実施。

〈概要〉

名   称

実施
回数

開催場所

内容

出前講座・セミナー

合計20回以上

公民館、高校、特別支援学校、福祉施設、子育てセンター 等

各対象ごとにタイムリーなテーマを設定する。

テーマ例:

・高齢者が遭いやすい契約トラブルについて

・インターネットのトラブルについて 等

 

2 募集団体   1団体(以下「実施団体」という。)

3 委託条件等
 (1) 委託期間  平成29年4月1日~平成30年3月31日
 (2) 委 託 料  250,000円(消費税含む)を上限とする
 (3) 委託対象経費
  本事業に係る委託対象経費は、以下のとおりとする。
 ○事業費
  出前講座等の実施のために必要な経費(内部講師による活動費、外部講師等謝金・旅費、資料作成費、消耗品費、印刷費、通信運搬費、管理費 等)
 (4) 委託対象外経費
  飲食費(食事・茶菓代等)、実施団体の経常的な運営にかかる経費、領収書等により委託事業として支払ったことが明確にできない経費 等
 (5) そ の 他
  ①委託料の支払いは原則精算払いとする。
  なお、必要があると認められる場合は前金払いを行うことができる。
  ②委託事業完了後、委託料を精算し、余剰金が生じた場合は返還しなければならない。
  ③県や国、市町、その他団体における他の委託事業や助成(補助)事業における対象経費と重複しないこと。

4 応募資格
 丹波地域内で活動実績を有する地域活動団体・NPO法人等で、次の要件を満たすもの。(ただし、法人格の有無は問わない。)
 (1) これまでに消費者教育に係る講座等の開催実績がある等、委託業務を遂行する能力を有していること。
 (2) 宗教活動、政治活動を目的とする団体でないこと、もしくは反社会的活動又は公序良俗に反する活動を行っていないこと。
 (3) 営利活動を主たる目的とした団体でないこと。

5 募集期間  平成29年3月7日(火)~平成29年3月17日(金)17:00必着

6 提出書類  
 (1) 企画提案書(様式1)
 (2) 収支計画書(様式2)
 (3) 団体の概要(様式3)
 (団体・法人の規約・定款、役員名簿、会員名簿、平成26年度決算書、その他運営状況がわかる資料)

7 委託先の選定
 提出書類をもとに内容を審査し、委託する団体を決定します。

8 問い合わせ先
 〒669-3309
 丹波市柏原町柏原5600 丹波の森公苑内
 丹波消費生活センター (担当:福田)
 TEL:0795-72-5168  FAX:0795-72-0899

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。